プロゴルファー谷原秀人さん、広島土砂災害の被災者施設へ福祉車両を寄贈

広島土砂災害で被災した福祉施設「八木園」に、尾道出身のプロゴルファー谷原秀人さんが車椅子のまま乗り入れ可能な福祉車両を寄贈しました。

尾道出身のプロゴルファー・谷原秀人さんが、福祉施設「八木園」に福祉車両を寄贈しました。八木園は、知的障害者などのための福祉施設で、広島土砂災害で被災し建物も全壊していましたが、2015年5月からようやく本格的に運営を再開。

プロゴルファー谷原秀人さん、広島土砂災害の被災者施設へ福祉車両を寄贈
photo 谷原秀人さん / Youtube

谷原秀人さんが設立した 一般財団法人 Green Seed Foundation(グリーンシードファンデーション)は、被災地の役に立ちたいと広島県知事に相談し、広島県健康福祉総務課よりこの施設を紹介してもらったのだそう。

その後、谷原さんが八木園と相談し、福祉車両が不足していることが分かり、7月16日に車を寄贈することになった。

ads

財団設立は、東日本大震災がキッカケ

グリーンシードファンデーションが贈った福祉車両
グリーンシードファンデーションが贈った福祉車両

グリーンシードファンデーションが贈った車両は、車椅子のまま車に乗りいれができるタイプのもの。

谷原さんがグリーンシードファンデーションを設立したのは、東日本大震災がキッカケだったそう。震災時には多くの人が手を差しのべていますが、日が経つにつれ日常の忙しさから少しずつ薄れてしまう。

合わせて日本には組織的に広範囲に運営されている基金がまだまだ少ないと感じ、設立に踏み切ったのだとか。以下は、財団設立にかけた思いをまとめたムービー。

一般財団法人 Green Seed Foundation


広島土砂災害の災害対策本部は2015年1月に解散していますが、まだ不便を強いられている被災者がいる。忘れずにいつづけてくれる、というのも被災者の方にとって金銭的支援と同じくらい心強いものかもしれません。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県出身の有名人 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP