広島弁ラインスタンプ

民生になりたい展 パルコミュージアムで開催、レコーディング体験も!

2017年9月14日~10月2日まで、奥田民生を体感したり貴重な展示が見られるイベント「奥田民生になりたい展」が池袋パルコ パルコミュージアムにて開催されます

東京・池袋のパルコミュージアムにて、2017年9月14日から「奥田民生になりたい展」が開催されます。

この秋、“民生ボーイと狂わせガール” の公開ほか、何かと話題の多い奥田民生をさらに知ることができる展覧会!

民生になりたい展 パルコミュージアムで開催、レコーディング体験も!
「奥田民生になりたい展」入場特典として付けられる 奥田民生・野球カード(全10種)

奥田民生さんは広島でユニコーンを結成。メジャーデビューを果たした後は、1994年にソロ活動スタート。

自身の曲でヒットを飛ばしつつ、PUFFYや木村カエラのプロデュースを手掛けるなど才能をいかんなく発揮。

弾き語りスタイルの「ひとり股旅」、ひとりレコーディングライヴ「ひとりカンタビレ」実施/様々なミュージシャンとのコラボバンド結成…と型にはまらない活動形態でファンを魅了。

2015年に50歳を迎え、新レーベル「ラーメンカレーミュージックレコード(RCMR)」を立ち上げ、今年9月6日、約4年ぶりとなるオリジナルフルアルバム「サボテンミュージアム」をリリース。

続いて9月16日に、奥田民生の“力まないオトナのスタイル”を愛する男の子が主人公として登場する小説「民生ボーイと狂わせガール」が実写映画化。全国公開となります。

そんな、奥田民生にまつわる大きな流れにあわせ、「奥田民生になりたい展」を開催。

ads

奥田民生になりたい展 展示内容

奥田民生になりたい展 メインビジュアル

会場では、各パート音源を切り替えながら歌って試すことができる「奥田気分でレコーディング体験」コーナーや、

ニューアルバムのアートワークを手掛けた民生長年の盟友・三浦憲治氏とデザイナー安齋肇の二人が作る「奥田民生になれる部屋」、

レコーディングで実際に使用された「イージュー★ライダー」のマスターテープ(本邦初公開)など、奥田民生に関する貴重な品が展示されます。

また、オフィシャルグッズの販売も行われる予定。

「奥田民生になりたい展」は2017年9月14日~10月2日まで、池袋パルコ本館7階・パルコミュージアム(東京都豊島区南池袋1-28-2)で開催。

入場料は一般600円/学生500円/小学生以下無料。 有料での入場特典として奥田民生・野球カードがつけられます。

ads
LINEでこのページを送る

2017.08.13 17:10 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 広島県出身の有名人 』の一覧

ads

PAGE TOP