広島カープ 黄金期を支えたメンバーで、広島出身なのは?【広島人検定】

広島カープ 黄金期に活躍した以下の名選手・監督のうち、広島県出身者なのはだれ?1: 球団創設初優勝に導いた、古葉竹識 2: 鉄人 衣笠祥雄 3: ミスター赤ヘル 山本浩二 4: 33試合連続安打の、高橋慶彦

広島カープ 黄金期に活躍した以下の名選手・監督のうち、
広島県出身者なのはだれ?

広島出身の選手は?

1: 球団創設初優勝に導いた、古葉竹識
2: 鉄人 衣笠祥雄
3: ミスター赤ヘル 山本浩二
4: 33試合連続安打の、高橋慶彦

ads

北京オリンピックにもコーチとして活躍したあの人

答えは・・・・(3)の、山本浩二さん。

山本浩二さんは、広島県広島市佐伯区の出身。

実は本名は「山本浩司」であり、
1975年に、浩司から浩二に改名している。
ちなみに、新しい漢字に改名したその年に、4番バッターに定着した。

長きに渡って活躍した山本浩二さんは、引退後も監督を2度務め、
北京オリンピックでは守備走塁コーチとしても活躍しました。

ちなみに、古葉竹識さんは熊本県熊本市の出身。
鉄人 衣笠祥雄さんは、京都府京都市で
現 千葉ロッテマリーンズ 二軍監督を務めている高橋慶彦さんは
東京都清瀬市の出身(北海道芦別市生まれ)となっている。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島人検定 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP