広島マツダスタジアムの「Zoom-Zoom」ってどういう意味?

慣れてしまうと疑問にも思わなくなっていましたが、マツダスタジアムの「Zoom-Zoom」ってどういう意味なのでしょうか?【広島人検定】

広島東洋カープの本拠地であり、広島を象徴とする施設である広島市民球場。新球場が2009年3月末に竣工し、その当時からこの命名権(ネーミングライツ)を地元大手企業のマツダ株式会社が取得・更新しています。

広島マツダスタジアムの「Zoom-Zoom」ってどういう意味?

MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島 と名付けられた市民球場、今となっては当たり前になっていて疑問にさえ思わなくなりましたが、この「Zoom-Zoom」って何のこと?

  1. オフロードでも力強く突き進む「ズンズン」
  2. 「走る歓び」を音で表現した造語
  3. 車の走行音「ブーブー」を英語で表現
  4. 「一体感」という意味のイタリア語

ads

意外と知らなかった! “Zoom-Zoom” の意味【広島人検定】

MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島の「Zoom-Zoom」の意味、正解は

車の走行音「ブーブー」を英語で表現したもの

でした!これはマツダ株式会社が2002年4月から導入したブランドメッセージ。「ブーブー」というクルマの走行音を表す英語の子供言葉で、動く事への感動を象徴したもの。

この他、マツダのこのブランドメッセージには以下のような意味が込められているそうです。

いつの時代も、マツダが追及するのは“Zoom-Zoom” いつまでも続く走る歓びです。クルマは単なる移動手段ではありません、「見て乗りたくなる、乗って楽しくなる、そしてまた乗りたくなる。」そんな歓びをずっと未来の社会にまで提供したいから、私たちはクルマの環境性能と安全性能を向上させながら、持続可能(サスティナブル)な未来の実現に貢献します。
via. mazda.com

「Zoom-Zoom」という言葉から始まるマツダ車のCMはすでにお茶の間でもお馴染み。


このCMに使用されている「風は西から」という曲は広島県出身奥田民生さんが書き下ろしたもので、曲のPVもマツダの安全性能テストの一場面を思わせるような仕上がりになっています。


ads


あわせて読みたい

edit 『 広島人検定 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP