三次市 きりこちゃん、あのモコモコに触りたい人続出

広島県三次市の観光イメージキャラクターとして2011年12月に誕生した きりこちゃんが お祭り会場に着ぐるみで登場していました。

広島県三次市の観光イメージキャラクターとして2011年12月に誕生した きりこちゃん。

三次市の高谷山展望台から見える「霧の海」をモチーフとして作られた、マスコットキャラクターです。

三次の きりこちゃん、人気のあのモコモコに

そんなきりこちゃんが、お祭り会場に着ぐるみで登場していました。

しかし良く見てみると、一般的な着ぐるみとは違い、空気で膨らましたようなバルーンのような素材で出来ています。もこもこ感はいい感じに再現されています。

手足が短く、バランスをとるのが大変そうなきりこちゃんですが そのフワフワ・モコモコのボディに思わず触れたくなってしまいます。(こどもたちにも大人気でした。)

ads

バルーンタイプや着ぐるみなど、バリエーション多し きりこちゃん

また、別の会場でみかけた「きりこちゃん」は、また別の質感に!顔や形も、微妙に違います。

きりこちゃん 着ぐるみ

モコモコとした可愛らしいキャラクターのため、三次市内ではいろんな所でグッズ化されていたりと、あちこちで出没しています。

「きんさいエイド(三次市観光アシスタント)になるのが夢」という、乙女の心をもったきりこちゃん。真っ白なボディなので汚れないようにさわってあげてくださいね。

広島県 マスコットキャラクター・ゆるキャラ特集

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP