廿日市市のご当地ナンバープレート決定!交通安全のご利益あるかも

廿日市市制25周年を記念した ご当地ナンバープレート(オリジナルナンバープレート)のデザインが決定し2014年1月頃から交付が開始される予定という事がわかりました!画像などはこちら

廿日市市制25周年を記念した ご当地ナンバープレート(オリジナルナンバープレート)のデザインが決定し2014年1月頃から交付が開始される予定という事がわかりました!

廿日市市といえば、やはりなんといっても世界遺産の宮島が特色の一つですよね。今回、決定となった廿日市のご当地ナンバープレートデザインにもちゃんと 宮島の大鳥居(厳島神社)が入りましたよー!

廿日市市のご当地ナンバープレート決定
廿日市市 公式サイト

廿日市市のご当地ナンバープレートについては以前、一般からデザインを公募されていておよそ1ヶ月半くらいの間に141もの作品が応募されました。そして採用されたのが上画像の 香川県在住の 垂水さんの作品。

このデザインの説明は以下▼

嚴島神社の大鳥居と穏やかな瀬戸の輝きを表現しました。上部には神社の垂木をイメージした模様を添えています。視認性に配慮しながら鳥居を大きく描き、遠くからでも大鳥居を明瞭に認識できるように仕上げました。
via. city.hatsukaichi.hiroshima.jp

ご当地ナンバープレートのデザインモチーフになるのは、やはり宮島関連のものではないかなー?と、薄々感づいてはいましたが「厳島神社のご利益は特に交通安全」という事もありますし、なるべくしてなった!という感じですね。

このナンバープレートは2014年1月初旬頃から交付予定とし、50cc、90cc、125cc が対象車種となります。廿日市市民の方はお楽しみに。詳細・お問い合わせはこちらをご覧ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP