極悪がんぼ 「型にはめるぞ」って、どういう意味?

かたにはめる(型に嵌める)とはどういう意味?極道の世界で使われる「型に嵌める」という言葉には2種類の意味があります

月9としては異例の極悪ストーリーを展開しているドラマ、極悪がんぼ。広島弁や関西弁などが入り混じったセリフ(方言)については、

「広島弁が誤解される」「あんな汚い言葉使う女の人いない」など、広島県民が不快感をあらわにしている・・・なんて声もあるようですが、広島出身の筆者は、結構楽しんで毎週見ている1人です。

極悪がんぼ 「型にはめるぞ」って、どういう意味?
photo by 極悪がんぼ ホームページ

確かに、がんぼ(乱暴者・やんちゃの意味)など、地元でも“初めて聞いた”という人が多いほど耳慣れない古い方言が使われていたり、言い回しに違和感のある部分も多少はありますが、それはそれ。それよりも個人的にいつも気になっているのが

「型に嵌めたるぞ」

というセリフ。いろんな場面で出てくるこの言葉、どういう意味がで使われているのか気になった。

型に嵌める(かたにはめる)とは、goo辞書などで調べると「個性や独創性を認めず、決まりきった形式や方法によらせる。」と解説されていましたが、

極悪がんぼで使われている「型にはめる」はこの意味とは少し違っていて、その世界で使われる業界用語のようなもので、脅し文句。しかし、微妙に違う2つの意味を持っているようです。

ads

使い方で意味が変わってくる「型にはめる」というセリフ

型に嵌める、という言葉は、使い方によって微妙に意味が変わってくるようで、

あの野郎、きっちり型にはめたるわい

という使い方だと「罠にかけてがんじがらめの状態にする」といった意味になり、

しくじったら、型にはめるぞ
おどりゃあ!型に嵌められたいんか!

といった使い方をするときは、優しく言うと“お仕置きをする” とか “強引に言うことを聞かせる” いうような意味で使われているようです。

ドラマに関しては賛否両論あるようですが、回を増すごとに面白くなっていますし、「がんぼ」でも必死に生きている人達の姿から得られる「何か」もあるハズ。

借金を返すつもりが、すっかり型に嵌められ、借金が膨れ上がってきている主人公が、この後どう切替していくのか?も楽しみです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP