欄干アート!橋に描かれた広島県のご当地デザインたち

デザインマンホールには地域の特徴や特産品などが描かれていますが、橋の欄干(らんかん:橋の手すり)にもご当地にまつわるアートが描かれています。

デザインマンホールにも、それぞれの地域の特徴や特産品などが描かれていますが、実は橋の欄干(らんかん:橋の手すり)にもご当地にまつわるアートがよく描かれています。

欄干アート!橋に描かれた広島県のご当地デザインたち

とても凝ったものからシンプルなものまで、大きな橋・小さな橋 関係なくあちこちで目にすることが出来ます。

欄干アート!橋に描かれたご当地アートたち

これは、安芸太田町の橋で見かけた欄干アート。旧加計町の伝統行事である「加計げんこつ踊り」を描いたもので、背中に灯籠を背負って踊る町の無形民俗文化財です。

ads

広島県の欄干アートいろいろ!

安芸太田町の欄干

こちらも安芸太田町で見かけた欄干アート。蝶が描かれています。

東広島市の欄干アート

東広島市にあった欄干アート。椿らしき花が描かれています。

福山市の欄干アート

福山市の欄干アート。市花であるバラが。

三原市の欄干アート

三原市では菖蒲(またはアヤメ?)のデザインと、

三原 やっさ踊りの欄干アート

やっさ踊りのデザインが。

瀬戸田の欄干アート

尾道市瀬戸田町)では、特産のハッサク。

海田町の欄干アート

海田町では、町花のひまわり。

庄原 西城町の欄干アート、ホトトギス

庄原市(旧西城町)は、町の鳥 ホトトギス、

廿日市市の欄干アート

廿日市市(旧廿日市町)は、町花の桜や

廿日市市大野 欄干アート

廿日市市(旧大野町)の町の鳥・ウグイスと、町の花・梅、

大野町の欄干アート、ベニマンサク

廿日市市(旧大野町)の町の木・ベニマンサクなどが描かれていました。

他にもいろんな町でいろんなデザインを目にすることが出来ますので、橋を渡る時にチェックしてみると新しい発見があるかも。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP