コップのフチ子、全国 顔ハメ看板バージョンで広島は「好きじゃけん」

カプセルトイから爆発的人気となった コップのフチ子さん。今度はご当地顔ハメ看板が登場。広島バージョンは宮島の鹿が描かれたカワイイ看板となっています。

「コップのフチに舞い降りた天使」というキャッチコピーでカプセルトイとして発売されたミニフィギュア、コップのフチ子に新バージョン。

地域限定の「ご当地フチ子 顔ハメのフチ子」が2015年7月下旬から登場しています(各税抜650円)。

コップのフチ子、全国 顔ハメ看板バージョンで広島は「好きじゃけん」
広島バージョンは宮島のイラストになっている

広島でもあちこちで見かける顔ハメ看板。観光地によく置いてあり、ご当地デザインのパネルの後ろから顔を入れて写真に写せば、観光地気分も増します。

そんな顔ハメ看板と、フチ子が異色コラボ。日本各地の観光地のイラストが描かれたミニチュア顔ハメ看板に、フチ子が顔を出して楽しんでいます。

ads

顔ハメ看板にもぶら下がる!さすがのフチ子、55種発売

可愛らしいご当地絵柄の顔ハメ看板。コレ、フチ子が単純に顔を出している訳ではありません。ぐるっと後ろから見てみると、ちゃんと看板にもぶら下がっていて、フチ子の当初のコンセプトを崩していない。

コップのフチ子 顔ハメ看板の裏側

顔ハメ看板は55種類を予定(今後更に増えることも)しており、フチ子の服の色は地域によって異なります。

発売予定の地域・カラーは以下▼

発売種類:
北海道(7種/ラベンダー、函館、小樽、札幌、登別、阿寒湖、摩周湖)
東北(1種/会津若松)
関東(17種/日光、原宿、台場、浅草、秋葉原、羽田、横浜、厚木、海老名、箱根、鎌倉、草津、高崎、富岡製糸場)
信越(4種/信州、真田幸村、富士山、山梨)
東海(7種/伊豆、熱海、三保䛾松原、駿河湾、浜名湖、静岡茶娘)
近畿(4種/通天閣、大阪城、大阪のおばちゃん、京都)
北陸(1種/兼六園)
中国(5種/出雲大社、山陰、山口、広島、岡山)
九州(8種/博多、長崎、大分、桜島、佐賀、熊本城、宮崎)
沖縄(1種/シーサー)

フチ子カラー:
北海道(紫)、東北(ミントグリーン)、関東(ピンク)、信越(黄緑)、東海(エメラルドグリーン)、近畿(黄)、北陸(白)、中国・四国(オレンジ)、九州(赤)、沖縄(水色)

コップのフチ子 顔ハメ看板バージョンの一例
※画像は商品一例

コップのフチ子はこの他、カープ女子バージョンシネマのフチ子ご当地浴衣バージョンなどがあります。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP