広島県 県章・県木があしらわれたマンホール

デザインマンホールの中でもシンプルなタイプですが、広島県を象徴とする県章と県の木「モミジ」のマークがあしらわれたマンホール蓋です。

広島県の県章と、県の木であるモミジが描かれたデザインマンホール。

広島県 県章・県木があしらわれたマンホール

今回は呉市豊町(大崎下島)にて撮影したものですが、その他にも県内のあちこちで見かけるデザインのマンホール蓋

広島県の県章は、ひろしまの「ヒ」を図案化したマーク。円を描くように丸くなっているのは、県民の和と団結を表現しているようです。

また、まわりに大小のモミジが沢山あしらわれています。広島県は全域にモミジが分布しており、三段峡帝釈峡宮島などモミジの名所も多い事ため、県の木に指定されたのだそう。

広島県のデザインマンホールの中でも、かなりシンプルなデザインになっています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP