懐かしき瓶牛乳!広島県の愛すべきローカル牛乳ブランドたち

広島県にこんなにあった!牛乳瓶で販売されていたローカル牛乳ブランドと、デザイン一覧。数少なくなった瓶牛乳ですが現在も販売されている物もあります。

ふらりと立ち寄った道の駅で、ごくたまに売られている瓶牛乳。ご当地のメーカーが作ったミルクが、懐かしい瓶入りで販売されていると、ちょっと嬉しくなります。

懐かしき瓶牛乳!広島県の愛すべきローカル牛乳ブランドたち
広島の懐かしい瓶牛乳たち / 漂流乳業

不思議と、瓶に入っているだけで2~3割増しで美味しそうに見えるんですよね。

牛乳といえば、今はパックが主流になっていますが、昔は牛乳瓶が一般的でした。かつて広島県にあった牛乳メーカーも含め、どんなデザインの牛乳瓶があったか覚えているでしょうか?

調べてみた所、筆者が見覚えあるものはごくわずかでしたが、な・なつかしい! どれも時代を感じる雰囲気あるデザインで、とてもいい。そんな懐かしい牛乳瓶たちをご紹介します。

ads

広島県の牛乳メーカーから出ていた、瓶牛乳たち

チチヤス牛乳。キャラクターの「チー坊」も、今とは全然違いますね。

チチヤス牛乳

年月を経て、デザインやキャラクターも変わってきています。

チチヤス牛乳 牛乳瓶

以下は、安佐郡祇園町西原(今の安佐南区)にかつてあった、廣島牛乳。名前が「ヒロシマ牛乳」に変わった後、関西酪農協同株式会社(毎日牛乳)に権利を譲渡したようです。

廣島牛乳の牛乳瓶

砂谷牛乳。赤いデザインは昭和30年代のもので、右は昭和40年代初期。現在は、右のデザインの面影を残した瓶牛乳も販売されています。

砂谷牛乳の瓶

岸本牛乳。バラのマークが懐かしい。

岸本牛乳の瓶1

岸本牛乳の瓶2

三原市でつくられていた、ニコニコ牛乳。現在は、山陽牛乳に変わっています。

ニコニコ牛乳の瓶

かつて尾道市でつくられていた、尾道牛乳。コーラなどの炭酸飲料が入っていそうな細長い瓶が特徴的。

尾道牛乳の瓶

こちらも尾道市でかつてつくられていた、舟橋牛乳。

舟橋牛乳の瓶

中郷牧場は、かつて因島市(現在の尾道市因島)でつくられていた牛乳。

中郷牧場の牛乳瓶

瀬戸田牛乳。かつて豊田郡瀬戸田町(現尾道市)でつくられていました。

瀬戸田牛乳の瓶

呉市阿賀町でつくられていた、高田牛乳。

高田牛乳の瓶

賀茂郡河内町(現在の東広島市河内町)でつくられていた、河内ミルク。

河内ミルクの牛乳瓶

志和牛乳。こちらのデザインは現在も健在で、東広島市内やサービスエリアなどでも販売されています。

志和牛乳の瓶

時代と共に少なくなった牛乳瓶ですが、ぬまくま牛乳志和牛乳など、その地域で現在も販売されている瓶牛乳が残っているものがあります。見かけた時は是非 ご当地の味をチェックしてみてください。

この他、広島の「懐かしきシリーズ」には、広島ナタリー広島グランドホテルローカルCM集などもあります。合わせてご覧ください。

写真提供:漂流乳業

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP