広島弁ラインスタンプ

新旧様々な路面電車の停留所、足場だけの小さなモノから時刻案内付きの新電停まで

広島の街には欠かせない路面電車。道路の真ん中に停留所のある風景は地元の人にはお馴染みの景色ですが、電停も所々リニューアルしており、電停の風景も少しずつ変わってきました。

主に広島市内を駆け巡る市民の足として愛されてきた、広島電鉄の路面電車。広島市内だけでも60以上の路面電車の停留所がありますが、リニューアルした電停も増えてきました。

新旧様々な路面電車の停留所、足場だけの小さなモノから時刻案内付きの新電停まで

「電車がきます」の懐かしい案内板が、

「電車がきます」の案内板

新しく、時刻などが詳しく表示されるモノに変わっていたり。

「電車がきます」の案内板、新しくなった

時刻表のところにだけ小さな屋根が付いている電停から

広島電鉄、路面電車の電停 小さな屋根付き

簡易的な椅子が設置されている電停、

広島電鉄、路面電車の電停 椅子が付いた

端から端まで屋根と透明な壁付きの電停、

広島電鉄、路面電車の電停 屋根と透明な壁付き

新しく建て替えられた電停、

広島電鉄、路面電車の電停 新しく建て替え

フル装備で軌道敷が緑化されている電停まで。

広島電鉄、路面電車の電停を緑化 原爆ドーム前

どんどん電停が新しくなっている中、以下のような電停もまだ残っています。

ads

足場だけのシンプルな電停も

段差のついた小さな足場だけのこの電停は、猿猴橋町(えんこうばしちょう)の電停。広島駅から乗車すると、次に停車する駅前にある停留所です。

車体スレスレ、開発進む広島駅前にレトロ猿猴橋電停がある風景
昔のままの猿猴橋電停

最近は、行き交う電車も新しいものが多くなってきており、広島駅ビルビックフロントひろしまエキシティ広島といった大きく新しい商業施設に囲まれたこのエリアに残る、昔ながらの貴重な風景です。

広島駅からは徒歩2~3分ほどの場所にあります。そんな猿猴橋町電停は、とにかく幅が狭い(笑)

広島駅前 猿猴橋町電停の風景
夜は車通りも少ないが、昼は混雑する場所

人が1人立てばギリギリという細い電停のため、電車が到着すると車体が身体スレスレのところを通ります。

広島駅前 猿猴橋町電停の風景2

猿猴橋町の停留所にはガードレールもないため、すぐ後ろの車道を走る車にも注意しなければならないスリルある電停なのです。

広島駅前 猿猴橋町電停の風景3
反対側の電停もまた、同じつくりになっている

広島人にとっては当たり前のこの風景も、県外や海外の方から見ると珍しい光景として目に映りそう。

広島市内の広電電停からの風景

また、「電車を降りたら車通りの激しい道の真ん中だった」という風景は、はじめての人にはちょっとびっくりするかもしれませんね。

ads
LINEでこのページを送る

2017.06.13 17:37 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 広島コネタ 』の一覧

ads

PAGE TOP