呉市 両城の200階段、映画 海猿ロケ地へ登ってみた

両城の200階段は、映画「海猿」のロケ地になった場所。伊藤英明らが演じる海猿たちが、この階段でハードなトレーニングを積むシーンが印象的でした。

映画 海猿のロケ地、両城の200階段。海猿(潜水士を目指す海上保安官)たちが酸素ボンベを抱えて階段を駆け上がる訓練のシーンで登場する事は有名で、映画公開から数年経った今も 海猿ファンがロケ地巡りとして来る「海猿の聖地」でもあります。

呉 両城の200階段、映画 海猿ロケ地へ

両城の200階段は 呉市両城の住宅街に突如として現れる急で長い階段のこと。200階段とは呼ばれているものの、実際は260段近くあるとか。

遠目から見ても、いかにも辛そうなこの階段。息切れ必至の心臓破りな 両城の200階段を 実際に登ってみました。

ads

200階段の上から見る呉ならではの風景は、市内を見渡す絶景スポット

両城の200階段の様子、まずは動画でご覧ください。

呉市三条通り(国道31号線)から1本奥に入った、商店街のある「三条通コミュニティ通り」などには 200階段への案内表示がたくさん掲示されていて 入りくんだ場所ながら意外と分かりやすい。

両城の200階段 看板1

両城の200階段 看板2

両城小学校の横、民家の横にある 狭い階段が 両城の200階段への入口。ここをあがっていくと

両城の200階段 入口

どんどん勾配が急になっていく…。上を見上げても頂上が見えないほどで、ちょっと心が折れそうになりますが 気持ちを強く持ってのぼっていくと頂上に到着!

両城の200階段 画像2

両城の200階段 画像3

両城の200階段 画像5

振り返ると、転がり落ちたら止まらなそうな場所。映画ではここで海猿たちが訓練をしていましたが、これは映画での演出で 実際の潜水士の卵の人はここでの訓練はしないようです。

両城の200階段 画像6

また、階段をのぼった先にある小さな空き地では「潜水士の訓練途中に大輔(伊藤英明)と工藤(伊藤淳史)が罰として腕立て伏せをさせられる」という映画のワンシーンを思い浮かべますが

両城の200階段 画像7

実際に映画のロケで使われたのはこの空き地ではなく「神原町」という場所で撮影されたそうです。(映画の中では階段を登った先にあるように編集されている)

苦労して登った階段のてっぺんからの呉市内の景色は辺り一面見渡す事が出来て気持ちがいい。また、登って来た反対の階段を見ると海や造船所なども見ることができます。ここは夜景スポットとして写真撮影に来る人も多いとか。

両城の200階段 からの呉の景色

両城の200階段について説明する案内看板によれば、

呉鎮守府が開庁した1890年頃からこの町には人口が急増し 市内の平地部は軍の土地になっていたため 市民などの居住場所はこういった急傾斜地区が中心になった

という事から、呉には急勾配な地形に住宅が軒を連ねる風景が多いのだそうです。この階段の正面にも同じような階段と急斜面に建つ家がたくさんあり、当然ながらそこに暮らす人の姿もあります。

両城の200階段 画像9

両城の200階段 はガイドブックにも載る観光スポットとなっていますが、周りは民家だったり私有地だったりするのでマナーを守って海猿ロケ地巡りをしましょう。

▼両城の200階段
住所:広島県呉市両城
両城の200階段の場所を地図で確認する
映画「海猿」ロケ地紹介/くれナビ
映画 海猿公式サイト

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県 ロケ地ガイド 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP