山本五十六 映画化、豪華キャストが 呉海上自衛隊でロケ!あらすじ他

2011年12月23日に公開予定の映画、 山本五十六 (聯合艦隊司令長官 山本五十六)。役所広司 さんが主演、この他の キャストも恐ろしく豪華!ということで話題の映画の撮影が、広島県の 呉海上自衛隊 の敷地内で行われたそうです。

2011年12月23日に公開予定の映画、山本五十六(聯合艦隊司令長官 山本五十六)。役所広司さん主演で、そのほかのキャストも豪華なこの映画の撮影は、広島県の呉海上自衛隊の敷地内で行われました。

山本五十六 映画化、豪華キャストが 呉海上自衛隊でロケ!あらすじ他

映画 山本五十六のロケは、2011年7月9日に行われ、呉地方総監部からエキストラの派出などの撮影協力も行ったそうで「ホンモノ」ならではの雰囲気も 映画で味わえそうです。

キャストは
役所広司/玉木宏/柄本明/柳葉敏郎/吉田栄作/椎名桔平/原田美枝子/宮本信子/香川照之/瀬戸朝香/田中麗奈 など

ads

聯合艦隊司令長官 山本五十六 あらすじ など

主演を務める 役所広司さんは、学生からの「戦争を知らない私達に、どのように受け取ってほしい映画ですか?」と質問され、

「僕も戦争を知らない子です。だけどこの時代の映画は、繰り返し作っていかなければならないものです」と時代の重みを語ったそうです。

聯合艦隊司令長官 山本五十六 あらすじ
さまざまな資料をもとに、史実では語られることのなかった山本の実像に迫るこの映画。

真珠湾攻撃によって太平洋戦争の口火をひらいた戦略家、山本五十六。彼は大日本帝国海軍の軍人だった。彼は在米日本大使館での勤務経験によって国力の差を誰よりも把握していた人物だった。
また、山本の五十六は海軍の司令長官として「戦争に勝つ」ことではなく「一刻も早く終わらせる」ことを考えた。戦争は自らの意志とは正反対だったのだ。
戦争を早期似終わらせ、平和回復を目指す山本五十六の知られざる一面と、次の時代を生きる子ども達の為を想い、戦った男達の生き様が感動を呼ぶ超大作。

山本五十六の、どんな一面が描かれるのか?注目です。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県 ロケ地ガイド 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP