三原ポポロ、2016イルミネーションは「浮城」イメージ

三原の冬を彩るポポロのイルミネーションに、2016年は三原城の城壁をイメージしたオブジェが登場。10年目を迎える人気のイルミネーションイベントに今年は浮城が出現する。

三原市で恒例となった冬のイルミネーションに、2016年は浮城をイメージしたものが登場する。

三原ポポロ、2016イルミネーションは「浮城」イメージ
ポポロが発表した浮城をイメージしたイルミネーション

ウィンターイルミネーションは、三原市芸術文化センター「ポポロ」にて会館当初の2007年から実施されている冬のイベント。10年目に入る今年は、瀬戸内三原築城450年連携事業として長さ17mの城壁オブジェを設置しライトアップする。

このほか、樹木や芝生広場のLEDによるデコレーション照明や、美しい灯りに包まれたピアノ・ハープのオブジェの展示などは、去年に続いて行われる。

今年のウィンターイルミネーションは2016年11月5日から翌年2017年1月8日までの約2か月間、17時から22時まで点灯する予定(※12/7、12/29~1/3は除く)

点灯式は11月5日の17時から。イベントでは点灯カウントダウンのほか、オーケストラの演奏や光るグッズプレゼントなどを実施するとのこと。

ads


あわせて読みたい

edit 『 三原市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP