カープを熱烈応援 スタンプ

春呼ぶ祭り 三原神明市2017、日本一のだるま堂一般公開も

2017年2月10日~12日まで、三原市の駅北側エリアでだるま市(三原神明市)が開催されます。約500軒の露店が並んだり、日本一のだるま堂「達磨記念堂」の一般公開も!

JR三原駅の北側一帯で行われる早春のお祭り、「三原神明市(しんめいいち)」が2017年2月10~12日の3日間、9時~20時で開催されます。

春呼ぶ祭り 三原神明市2017、日本一のだるま堂一般公開も
過去の神明市の様子

神明市は、伊勢神宮を祀るお祭り。この信仰が全国に広まった室町末期頃から三原ではじまったお祭りと伝えられています。

祭りの期間には、極楽寺のたもと(三原市東町)に神明市名物の「日本一の大だるま」が飾られ、ここから三原駅北口周辺まで、東町・館町・本町をまたいで約500の露店が軒を連ねます。

ads

圧巻の露店数!だるま市に植木市、グルメ露店も

神明市は “だるま市”とも呼ばれるほど、露店には数多くのダルマが並びます。中でもハチマキを巻いている「三原だるま」がやはり人気で、すぐに売り切れてしまうそう。

三原神明市で販売される三原だるま

三原市では、家族の人数分のだるまを買い求め、だるまの裏にそれぞれの名前を書いて神棚にお供えし、家内安全・繁栄を祈るというこの地ならではの習わしがあります。(要予約でネーム入りダルマの販売もあり。)

お祭りには植木市もあり。種類も豊富な植木を販売するエリアが設けてあります。このほか、たい焼き・お好み焼き・焼きそば・ポテト…とお祭りではおなじみの露店ほか、地元の酒蔵が甘酒や日本酒を販売したり、B級グルメも毎年揃います。

また、全国のだるまを収集・所蔵している日本一のだるま堂「達磨記念堂」の一般公開も9時~17時で神明市の期間に合わせて行われるとのこと。

詳しくは三原神明市のHPまたは三原観光協会(0848-63-1481)まで。

ads
LINEでこのページを送る

広島弁ラインスタンプ

2017.01.30 07:00 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 三原市 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP