白竜湖花火inだいわ、広島でいちばん早い花火大会 三原で

広島県内でいちばん早い花火「白竜湖花火inだいわ」が、広島県三原市大和町にて2016年は4月16日に開催されます。花火はおよそ1000発。当日は交通規制あり

第二回 白竜湖花火inだいわ が、2016年4月16日に白竜湖スポーツ村公園にて開催されます。“広島県内で最も早い(時期に開催する)花火大会”として2015年にスタートして今年で2回目となるこのイベントは、昭和44年~平成16年まで36回続けて開催されてきた「白竜湖花火まつり」を復活させたもの。

白竜湖花火inだいわ、広島でいちばん早い花火大会が三原で
Photo by city.mihara.hiroshima.jp

三原臨空商工会によると、この前身の祭りは、椋梨ダム(通称白竜湖ダム)が完成した昭和44年にダムに沈んだ集落を偲んで開始。合併を機に平成17年から中止となっていましたが、地元の人の復活を望む声に応える形で開催時期を8月から4月に移し、桜が満開の頃に合わせて復活しました。

2016年は、G7広島外相会合が実施された関係から1週間遅れて開催へ。

花火はおよそ1000発。会場には露店のほか、隣接する「道の駅よがんす白竜」でもイベントを行い祭りを盛り上げます。

当日の18時から花火が打ち上げされる19時30分までは、野外JAZZライブや木工ワークショップなども実施。県内のどこよりも早い春の花火大会で、一足先に夏祭り気分を楽しもう。

第2回白竜湖花火inだいわ
開催日 2016年4月16日
場所 白竜湖スポーツ村公園(三原市大和町和木1026-3)地図
時間 花火打ち上げは19時30分~20時10分/露店は15時~21時
備考 会場周辺は交通規制あり。大和工業団地スポーツ広場・大和支所に臨時駐車場が設けられ、ここから会場行きの無料送迎シャトルバスが10分間隔で運行するのでこちらを利用のこと。
問い合わせ 0847-33-0222(白竜湖花火実行委員会)

ads


あわせて読みたい

edit 『 三原市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP