競売された裸の島ロケ地・宿祢島が、三原市へ「観光客の受入れも」

競売にかけられ、一度は福山市の個人が落札していた宿祢島(宿禰島:すくねじま)を、新藤監督の二男が買戻し、三原市に寄贈しました。

広島県三原市の沖合に浮かぶ小さな無人島・宿祢島(宿禰島:すくねじま)が、三原市に寄贈されました。

競売された裸の島ロケ地・宿祢島が、三原市へ「観光客の受入れも」

宿祢島は、2013年に競売にかけられ、福山市に住むアパート賃貸業を営む上野さん(73)が約779万円で落札していました。

1960年に公開された映画「裸の島」のロケ地であり、ゆかりの地として三原市への寄贈を考えていた 故・新藤兼人監督の二男で映画製作会社「近代映画協会」の新藤次郎社長もこの時の競売入札に参加していましたが、

入札額302万円で落札することができず「(落札者の)上野さんと交渉して、島を買い取りたい」と言っていました。

ads

交渉成立、宿祢島は三原市が管理へ

一度は個人の手に渡っていた宿祢島ですが、その後 交渉が成立し新藤さんが買い戻し「映画文化遺産として地元自治体が持って管理して頂けたら」と、三原市に寄贈。

佐木島・鷺港から見た宿祢島
佐木島・鷺港から見た宿祢島

三原市はこれに対し「島の自然を残しながら桟橋などを作り、観光客の受け入れも出来るように検討したい」とのこと。

宿祢島は映画のゆかりの地であるほか、新藤監督にとっては妻で女優の乙羽信子さんが亡くなった際も、親族3人で宿祢島に訪れ、ここで散骨をしていることからも、かなり思い入れの深い場所であったようです。

三原市が今後、宿祢島をどのように管理し観光地化していくのか、注目されます。

ちなみに、広島県の「島の競売」と言えば、過去に呉市の三ツ子島も競売にかけられ、1億円で落札されています。

via.2014 宿祢島の競売 / 裸の島を三原市に寄贈

ads


あわせて読みたい

edit 『 三原市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP