三原市 筆影山、車で行ける瀬戸の多島美展望スポット

瀬戸内海・しまなみを一望できるスポット、筆影山(ふでかげやま)。三原駅や須波港からも近く、車で山頂付近までのぼることが出来ます。

三原市中心部や須波港すなみ海浜公園からもほど近い場所に、観光・市民憩いのスポット「筆影山(ふでかげやま/標高311m)」。

三原市 筆影山、車で行ける瀬戸の多島美展望スポット

筆影山の頂上には展望台が設置されており、瀬戸内海に浮かぶ島々を見渡せるスポットでもあります。

展望台の近くまで車でのぼることが出来、山頂付近にある駐車スペースに車をとめて数分歩くと展望台に到着します。展望台は数か所に設置されており、場所によって異なる風景を楽しめます。

ads

晴れた日に筆影山から見下ろす、キラキラの瀬戸内海

車で国道185号線(須波駅付近)から海沿いを走ります。

三原市 筆影山を下から見たところ

住宅エリアを抜け、筆影山の山頂(展望台)へと向かって、山道を登っていきます。山頂付近までやってくると駐車スペースがあるため、あとは車を停めて歩いてのぼります。

数分で頂上の展望台に到着。

三原市 筆影山山頂の展望台

こちらの展望台の回りには木が茂っているため、視界はいまいち。ここから海側へと続く道を少し下っていくと、小さな屋根付きの展望台が見えてきます。こちらの方が見晴らしがよい感じ。

三原市 筆影山 もう一つの展望台

さらに下へ階段を下りていくと、一番広く見渡せる展望エリアに到着します。

三原市 筆影山 一番下が一番見渡せる展望台

しまなみ海道の橋も遠くに見え、手前を行き交う船の姿など、穏やかな瀬戸内海らしい風景が広がります。

三原市 筆影山からのパノラマショット

ちなちみに「筆影山」という名前は、海に映ると山の形が筆のように見えることからつけられたと伝えられているのだそう(参考)。

春は桜のスポット、秋から冬にかけては海霧(雲海)が見える場所として知られており、観光客や地元の方も訪れて賑わうようです。

また筆影山の南西に位置するお隣の山は、竜王山(標高445m)。こちらも見晴らしがよく、晴れた日にはしまなみ海道の10橋のうち7つの橋を見ることができるのだとか。

穏やかな瀬戸内海を見渡せるいいスポットなので、是非空気が澄んだ晴れた日にお出かけを。

※内容は執筆時のものとなります。

ads


あわせて読みたい

edit 『 三原市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP