谷原章介が表紙になった、三原の観光ガイドブック「ミハラブック」

広島県三原市の三原城築城450年を記念して、ふるさと大使の谷原章介さんが表紙になった観光ガイドブックを三原市が配布スタートしています。

谷原章介が表紙に登場した三原市公式観光ガイドブック「ミハラブック」が2017年2月2日より配布開始となっています。

谷原章介が表紙になった、三原の観光ガイドブック「ミハラブック」
「ミハラブック」の表紙に谷原章介さん

これは、三原城築城450年を記念して制作されたもの。三原市のふるさと大使である谷原章介さんが表紙のモデルを務めています。

ガイドブックには、三原市の歴史や文化・食・お祭りなどが紹介されているほか、谷原章介さんが市内観光を体験する様子も収録されているとのこと。

ガイドブック「ミハラブック」の発行部数は3万部で、三原市観光課(市役所本庁5F)、三原観光協会(三原駅1F)、築城450年事業推進担当室(ペアシティ三原西館1階北側)や、銀座にある広島県のブランドショップ TAUなどに置いているとのこと。

ads

LINEでこのページを送る

2017.02.03 18:00 [writer]Mika Itoh

あわせて読みたい

edit 『 三原市 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP