野菜が主役の ダイニング&バー be、広島 並木通りを見下ろす隠れ家的空間

広島市中区三川町、並木通り沿い2階に 窓を開け放ったオープンなダイニング&バー be(dining&bar be)があります。このお店は 農園のオーナーも務める方が 代表となって運営するお店で、様々な野菜がつかわれたイタリアンが食べられる。

広島市中区三川町、並木通り沿い2階に 窓を開け放ったオープンなダイニング&バー be(dining&bar be)があります。店名からして夜営業のみのようにも感じますが ランチもされているということで、今回はランチメニューをご紹介。

野菜が主役の ダイニング&バー be

dining&bar be(ダイニング&バー ビー)は 安芸高田の農園「しょうりき里山公園」オーナーの方が中心となってつくるお店のようで、メニューにも野菜の存在感が強い。

ランチメニューには パスタ+フォカッチャの1000円コースを基本に、前菜・デザート・ドリンクがついた1500円コース、メインのパスタだけでなく前菜やデザートも数種類から選べる2000円コース…とあります。

ads

街中の、小さなダイニングで ランチ&ディナー

1500円ランチでは 前菜が旬野菜のサラダ 又は 旬野菜のスープかを選ぶことができます。

旬野菜のスープ、この時はグリーンピースの冷製スープで 優しい味わい!
ダイニング&バー beのランチ 画像7

旬野菜のサラダには 15種類(?)くらい入っているようで パプリカや さつまいも、ほうれん草、おくら…と盛りだくさん。野菜を沢山食べたい!という時には嬉しいボリュームのサラダです。
ダイニング&バー beのランチ 画像3

前菜と一緒に出て来たフォカッチャはローズマリーが入っていたのだそうですが、そんなに香りは強くなく 言われないと分からないかな?という感じ。

ダイニング&バー beのランチ 画像8

メインには キタッラ/ガルガネッリ/ニョッキ/タリオリーニ/リゾット…と色々な形状のパスタが使われ、メニューを見てもピンときませんが ダンディーなお店の方がパスタの見本を実際にみせてくれならが説明してくれるので安心です。

ダイニング&バー beのランチ 画像13

白魚、旬野菜、ドライトマトのキタッラ
ダイニング&バー beのランチパスタ キタッラ

アスパラガスと新じゃがいものニョッキ ゴルゴンゾーラソース
ダイニング&バー beのランチ ニョッキ画像

仔牛と旬野菜のリゾット
ダイニング&バー beのランチ リゾット画像

など。ニョッキ(モッチリしたジャガイモ入りのパスタ)のゴルゴンゾーラソースは濃厚だけどゴルゴンゾーラのクセも強すぎず、美味!他のパスタも リゾットも美味しかったですが全体的にさっぱり目の味付けで 大きな白いお皿の真ん中に上品に盛られているので「ガッツリ」食べたい人には 量が物足りないかな という感じ。

ダイニング&バー beのランチ 画像10

本日のアイスクリーム(デザート)にも 野菜が使われているそうで、シェフの方が自らサーブしてくれました。野菜が入っているとは全く感じないキャラメル風味の濃厚アイスで、これも美味しかった!

ダイニング&バー beのランチ デザート画像

「この野菜はうちの山で採れたものなんです」とにこやかに色々説明してくれるお店の方は 実は このお店と、安芸高田の農園のオーナーさんだったようで 商品への愛情が伝わってきました。

食後のドリンクを楽しみながら並木通りを見下ろすと ちょっと贅沢な気分になれ、晴れの日は特に気持ちいい!

ダイニング&バー beのランチ 画像1


近年では イタリアンのお店などで多く提供されている バーニャカウダをはじめ、旬の魚や肉を絡めたお酒にあう料理が夜も並ぶのだそうです。広島市内で 「夜はゆっくり食事をしつつ ワインを傾けたい」と言う方にもオススメ。(ビールもあります)

市内中心部にあり、目立つようで意外と目立たない場所にある ダイニング&バー ビー(dining&bar be)。

ダイニング&バー beのランチ 画像12

ただ、2階にあるお店への入り口が分かりにくく 黒でまとめられた外観とは違い 階段入り口と看板が白色なのでご注意を。(お店正面 左側に入り口)

ダイニング&バー beのランチ 画像4

▼dining&bar be
住所:広島市中区三川町6-15 並川ビル2F
ダイニング&バー beのお店の場所を地図で確認する
営業時間:ランチ11時30分から14時30分/ディナー&バー18時から24時
定休日:月曜日
駐車場:なし
お店の公式ホームページ

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP