ト傳 (ぼくでん) 広島市中区 韓国料理とお酒が飲めるお店

ト傳 (ぼくでん) 広島市中区 韓国料理人気の韓国料理屋さんにいってきました♪ 口コミ 感想はこちらから。

広島市中区にある、ト傳( ぼくでん ) という韓国料理のお店。えびす通り に位置するオシャレな建物で前から気になってました。

ト傳 (ぼくでん) 広島市中区 韓国料理

韓国料理とお酒が飲めるお店、ト傳(ぼくでん)。扉が大きくて、外からはお店の中が見えるようで見えない。初めての場合、ちょっと勇気が入りますが実際にお店に入ると

ト傳( ぼくでん )の店員さんが「いらっしゃいませ!」と活気ある店内から元気な笑顔で迎えてくれました。

ads

広島市 中区の韓国料理のお店 ト傳(ぼくでん)に、いよいよ潜入!

創作居酒屋のような、思っていたよりも親しみやすそうな雰囲気に 緊張感も少しほぐれてきます。(筆者はこの時、韓国料理屋さんが初めてでした)

ト傳 (ぼくでん) 1階はオープンキッチンが真ん中にどーんとあり、
ト傳 (ぼくでん) 1階オープンキッチンの様子

その周りにカウンター。料理人さんはどの角度からも見られ放題です(笑) どの店員さんも感じよく接客してくれます。

ト傳 (ぼくでん) 1階席からの画像
(上記写真は1階の席)

お邪魔したのは土曜日の18時頃でしたが、すでにお客さんはいっぱい!かなりの人気店のようです。予約 をしていなかったので、2Fに通され個室風の席に通されました。

掘りごたつになった長テーブル。3、4人のグループなら相席もあまり気にならないほどの長いテーブルが珍しい感じ。落ち着ける雰囲気がけっこう好きです。

メニュー表には韓国料理 がズラリ。ビール・カクテル・焼酎・マッコリ、アルコールもズラリ。

韓国料理 初体験ということでマッコリ も勇気を出して頼んでみました。

広島市中区 ぼくでん

焼酎が強めのにごり酒という感じ。白いのが沈殿するので混ぜながら飲みます。

チヂミ (激辛)・ ユッケ ・ 牛タンのステーキ・チャンジャ 巻きなどをオーダー。
ト傳 (ぼくでん) ユッケの画像

ト傳 (ぼくでん) サラダの画像

ト傳 (ぼくでん) 牛タンステーキの画像

チヂミ は自ら激辛!と注文したのにも関わらず 青唐辛子がふんだんすぎてお口の中がかなり悲鳴をあげておりました。でも辛かったけどおいしかった!
ト傳 (ぼくでん) チヂミの画像

中がプリプリのホルモンの唐揚げ 辛子ポン酢添え
ト傳 (ぼくでん) ホルモンの唐揚げ

スンドゥブチゲ
ボクデン スンドゥブの画像

オススメは チャンジャ 巻き♪カッパ巻きのキュウリがチャンジャバージョンでとってもごはんに合います。

チャンジャ 巻き

1階は賑やかで活気があり、2階はゆっくりと落ち着ける団体向けの席という感じ。

予算は、一人3000円くらい?お酒が進む料理が多いです♪お客様が多いので、利用の際には予約した方がよさそうです。くわしくは下記HPをご覧ください。

営業時間:17時から25時
住所:広島県広島市中区堀川町4-20 タカタアレービル1F・2F
TEL:082-240-1000
駐車場:無し
ト傳( ぼくでん ) ホームページ

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP