黒い汁なし担々麺「黒ダァーッ!」、広島流川の座なかむら匠麺

山椒を練りこんだ黒い麺の「黒ダァーッ!」やカレー味など、通常のものに加えていろんなバージョンが楽しめる 汁なし担々麺のお店、座・なかむら匠麺 本店。陽気な店主の人柄も名物です。

流川にある汁なし担々麺のお店「座・なかむら匠麺」。広島名物としてお馴染みとなった汁なし担々麺ですが、こちらではちょっと個性的な汁なし担々麺が頂けます。

黒い汁なし担々麺「黒ダァーッ!」、広島流川の座なかむら匠麺

通常の汁なし「担々麺(600円)」や、トッピング・卵・ごはんがセットになった「特スペ(900円)」などの人気メニューのほか、

座・なかむら匠麺 黒ダァーッ

入口や店内で、広島カープ黒田投手の似顔絵とともに大きくPRしているメニューが、黒い担々麺「黒ダァッー!」。

ads

座・なかむら匠麺オリジナル、山椒が練りこまれた黒い「山椒麺」

「担々麺 黒ダァーッ!」は、山椒が麺に練りこまれた黒い麺が特徴で、見た目はまるで蕎麦のよう。頂いてみると、しびれる刺激と辛さがじんわりときます(今回は辛さ「普通」をチョイス)。

座・なかむら匠麺 汁なし担々麺黒ダァーッ!
しっかり混ぜて食べます

ナッツの食感もあって面白い。お供にごはんが欲しくなってしまいます。(メニューには卵やごはんとのセットもあり)

また、限定10食の汁なし担々麺「カレー」もあり。

座なかむら匠麺 カレー担々麺

見た目は「カレーそば」のようですが、混ぜて食べると「汁なし」になります。ちゃんと山椒の刺激もありカレーの味わいとマッチしているのが新しい発見。

また、玉ねぎ・きゅうり・イカ天・チーズなどのトッピングも多数あり、自分好みの1杯にすることも出来るようです。

辛さは「ひかえめひかえめ」から「地獄の流川」「おだぶつ(+100円)」までいろいろ。山椒はテーブルでも追加できるので、不安な方は「普通」から食べてみるといいかもしれません。

お店は以下のようなビルの1Fに入っており、

座なかむら匠麺 ビルの雰囲気

ビルの入り口は「汁なし担々麺のお店」が入っているとは思えない雰囲気なのですが、

座なかむら匠麺 ビルの雰囲気2

座なかむら匠麺 入口

店内では気さくで話しやすいお店の方が待っています。

座なかむら匠麺 店内の様子

座なかむら匠麺 店内の様子2

座・なかむら匠麺 本店
住所 広島県広島市中区流川町6-5 GAOビル 1F(地図
営業時間 21時頃から
定休日 日曜日

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP