広島が祈りに包まれた1日、8月6日 とうろう流し

広島が慰霊と鎮魂に包まれた2016年8月6日、陽が落ちかけた18時頃より 灯篭流しが行われました。

終戦から71年目を迎えた2016年8月6日。朝の平和記念式典に続き、18時ごろから灯籠流しが行われました。

広島が祈りに包まれた1日、8月6日 とうろう流し

今年、慰霊碑におさめられた死没者名簿は30万人を超えました。

広島 とうろう流し、8月6日の風景

とうろう流し、8月6日 広島の風景

オバマ大統領の広島訪問もあり、例年よりも多くの人が式典や灯籠流しに参加。広島は祈りに包まれた1日となりました。

ads

2016 灯籠流しの様子と、広島の街の風景

以下の動画は、灯籠流しの様子。


また、先月プレオープンしたおりづるタワー展望台も、キャンドルに灯がともされました。以下の動画は、おりづるタワーからの風景。


71年前、焼け野原で何も残らなかったこの町が、見事に美しい街に蘇り復興を遂げた姿を眺めながら、

「あそこが、○○さんの家があったところ」
「あの辺りで父が働いていたのよ」

など、展望台から広がる広島の風景を見ながら、71年前そこにあった当時の風景に想いを馳せる方々の姿も。

おりづるタワーから街を眺める人々

またこの日は夜21時を過ぎても、平和公園の原爆死没者慰霊碑の前には長蛇の列が続いていました。

8月6日、深夜まで原爆死没者慰霊碑の前に行列も

8月6日 夜になっても慰霊碑の前に行列が

夜遅くまで、手を合わせ祈る人々の姿がありました。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP