とうかさん2016、広島の浴衣着初め・夏まつりは交通規制も

広島市内に夏を呼び込むお祭り、とうかさんが2016年6月3日~5日まで開催されます。浴衣の着初めまつりということもあり、気温は高くとも見た目には涼やかな風景が広がります。

フラワーフェスティバルに続き、広島市内中心部で大きな規模で開催されるお祭りが「とうかさん大祭」。

2016年は6月3日~5日までの3日間開催されます。

とうかさん2016、広島の浴衣着初め・夏まつりは交通規制も

とうかさん とは、広島市中区にある圓隆寺に祀られる “稲荷(とうか)大明神” の呼び名。3日間行われるまつり期間のみ、その御神体が開帳となります。

たくさんの提灯などで華やかになる圓隆寺への参拝には行列ができ、圓隆寺の周りの通り(中央通りや平和大通り沿いの緑地帯)には出店がズラリと並び、にぎやかな3日となります。

また、とうかさんは広島市の「浴衣の着初めまつり」とも言われていて、浴衣を着た男女が出歩く姿が沢山。このため、周辺の商店街や百貨店では浴衣や夏小物などの売り出しが盛んになり、街が一気に夏モードに切り替わるキッカケにもなっています。

ads

とうかさんでは毎年歩行者天国も

とうかさんはお昼から開催されるお祭りですが、赤い提灯に火が灯り始める夜頃から更に人出が増して盛り上がります。

とうかさん 過去の様子

日も落ちて気温も落ち着く頃に浴衣姿の人も増えるので街の風景は一層涼し気に。

また、まつり期間中は毎年中央通りにて交通規制があり、歩行者天国になる時間帯があります。

現在のところ詳細情報は公開されていないようですが、過去は会期中7時~22時頃までが車両通行禁止となっていたよう。この辺りを通るドライバーの方は渋滞や通行止めにお気を付けください。

とうかさん大祭の過去の風景

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP