福屋八丁堀本店 屋上リニューアル、10階レストランも「空と緑」感じる空間へ

リニューアル工事を行っていた福屋広島本店の屋上と10階のレストランが2016年7月29日にグランドオープン。福屋屋上と懐かしの大食堂での良き思い出と共に新たな空間へ

2016年1月に閉鎖し、リニューアル工事を行っていた福屋八丁堀本店の屋上(本館9階)が2016年7月29日にオープンします。

福屋八丁堀本店 屋上リニューアル、10階レストランも「空と緑」感じるフロアへ

福屋は昭和4年(1929年)創業。当時の屋上は小鳥や金魚などが販売されたり、こどもすべり台やメリーゴーランドなどの遊具が登場したりと時代と共にリニューアルを繰り返し、古くからファミリーを中心に愛されてきたスペースでしたが、最近では「パノラマビアガーデン」として夏の大人の癒しスポットとして使われていました。

そして、2016年7月29日に福屋屋上は再び生まれ変わり、新たに屋上パブリックガーデン「八丁堀SORALA(ソララ)」として生まれ変わります。

福屋 リニューアル後の屋上

同時に東館10階にはガーデンレストラン HIROSHIMA2016 RESTAURANT UNDER THE SKY(レストラン アンダー ザ スカイ)がオープン。グランドオープンを前にプレス向けに公開された際の様子(7月27日撮影)をご紹介します。

ads

レストランでは旗のついた「お子様ランチ」などヒストリーメニューも

以下の動画は、レストランと屋上の様子。

Youtubeチャンネル

福屋東館10階にオープンするレストランは、「43 キャラントトロワ」「chano-ma広島」などを展開する商業藝術が運営。

福屋10階 レストラン アンダーザスカイ

福屋10階 レストラン アンダーザスカイ 画像2

福屋の創業当時にあった大食堂の味や、当時の利用者の思い出に耳を傾け、懐かしさと新しさを組み合わせたメニューを提供する。

大食堂で提供されていた懐かしのメニューを現代版にアレンジした「ヒストリーメニュー」には、福屋マークの旗が立てられたお子様ランチ(980円)や、ビーフカリー(1480円)などが用意されます。

福屋10階 レストラン アンダーザスカイ お子様ランチ

また、ボリューム満点の アフタヌーンティーセット(1名分2480円、14時~17時)の提供もあり。天気のいい日はテラスで食事することも出来る。

福屋10階 レストラン アンダーザスカイ 画像4

店内は、明るく落ち着いた雰囲気に、

福屋10階 レストラン アンダーザスカイ 画像3

テラス席では、空に近い開放的な空間で緑も感じられる。店内・テラス席ともにそれぞれ104席ずつ用意されています。

福屋10階 レストラン アンダーザスカイ 画像5

また、このレストラン「アンダー ザ スカイ(東館10階)」のテラスと、屋上フロア(本館9階)は階段でつながっており、自由に行き来することが可能。

福屋屋上と10階レストランをつなぐ階段

レストランの営業時間は11時~23時。ラストオーダーは22時30分となっています。

福屋本館の屋上は、パブリックガーデン「八丁堀SORALA」へ

リニューアル後の福屋屋上(本館9階)は、お弁当を食べたり本を読んだり休憩したり…と、誰もが自由に、思い思いに過ごせる空間へと生まれ変わりました。

小さなステージの真ん中の奥には本棚が設置(天気の良い日のみ)され、ローテーブルを使って読書したり、大きなビーズクッションに腰かけてのんびり凄したりと、“縁側” のようなスペースに。

福屋屋上リニューアル後のステージ

この他にもイスとテーブルや、植え込みの周りに作られたベンチ、
福屋屋上リニューアル後の様子

小さな神社(福屋稲荷大明神)も。

福屋屋上 神社

ステージを使用するイベントスペースとしても活用するなど、シーンに合わせて空間を変化させるとのこと。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP