カープを熱烈応援 スタンプ

赤魂(あかだま)、広島本屋大賞作品が舞台化で「もう1つの世界のカープ」

広島本屋大賞を受賞、「文句なくおもしろい!」「続きが早く読みたい!」と人気を博し、広島カープを題材にした長編小説・エンジェルボールが舞台「赤魂」として2016年1月6日より上演開始。

カープを題材とした舞台「赤魂 akadama もう一つの世界のカープ日本一物語」が、2017年1月6日から広島県民文化センター(広島市中区大手町1-5-3)で上演されます。

赤魂(あかだま)、広島本屋大賞作品が舞台化!

赤魂は、第6回広島本大賞受賞作品「エンジェルボール(著:飛騨俊吾)」を原作とした舞台。

原作のあらすじ
小学生の息子2人を男手ひとつで育てながら因島で暮らす主人公が交通事故に遭い、突然目の前に現れた謎の天使に「謎の魔球」を授かる。この魔球を武器に、息子たちの夢であった「カープ日本一」を叶えようとカープの入団テストを受けに行く。

原作は現実とファンタジーが混在する世界観や、野球を知らなくても「文句なく面白い!」と読者を惹き込み、涙を誘う描写で人気を博しました。

舞台「赤魂」の公演日程は、2017年1月6日・9日・10日・11日の4日間で、9日は昼と夜の2回上演。全席自由でチケットは3000円。チケットぴあのほか、RCC文化センター受付でもチケット発売中です。

ads

LINEでこのページを送る

広島弁ラインスタンプ

2017.01.05 12:25 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP