台風18号大雨被害、関東・東北の浸水被害への義援金・ボランティア情報

台風18号に伴う大雨によって喜怒川が決壊し街が浸水するなど、各地で浸水被害が多発しています。この被災者に対しての支援として、義援金の受付が各方面よりスタートしています。

台風18号が列島を縦断し、短時間に大雨が降った影響で関東~東北南部の数か所で河川の堤防が決壊。 鬼怒川(茨城県)などの浸水被害を中心に各メディアが伝えています。

台風18号大雨被害、関東・東北の浸水被害についてできること

ヘリコプターやボートを使い、民家や店舗などに取り残された人たちの救出活動が続いていますが、少しの雨でも土砂災害の危険性もあるとのこと。

広い範囲に渡って被害が出ている事から、全国的な支援が必要とみられ、すでに義援金の受付をスタートしているところもあります。

ads

義援金受付情報、これに乗じた詐欺には要注意!

台風18号に伴う大雨被害への義援金は、以下などで受け付けがスタートしています。

  • 台風18号大雨被害 Yahoo!基金緊急募金
  • 全国のセブンイレブン、イトーヨーカドー、セブン&アイHLDGS各店(9月11日~)
  • 全国のローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100 の店舗(9月12日~)
  • 全国のファミリーマート店舗(9月12日~)

集められた義援金は、被災自治体や赤十字社、中央共同募金会(赤い羽根募金)を通じて被災者に届けられるとのこと。

過去の例からいうと、今後、赤十字や赤い羽根、各自治体への義援金も直接受付を開始されると思われますが、2015年9月11日現在ではまだ始まっていないようです。(支援物資の受付も今のところ未定)

地震・大雨などの大規模な災害時は、これに乗じて義援金詐欺が発生したというニュースが残念ながら毎回聞かれますので、義援金支援を行う際には十分ご注意下さい。

被災地への災害ボランティア情報は、全国社会福祉協議会が最新の情報を取りまとめています。合わせてご覧ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP