金星の太陽面通過2012、6月6日に21世紀最後の現象!観測できる時間は長め

2012年6月6日に 金星の太陽面通過が8年ぶりに観測できることが分かりました!金星の太陽面通過は 金星の日面通過(にちめんつうか)とも呼ばれる、非常に珍しい天体現象なのだとか。金星の太陽面通過(金星の日面通過)とは?見られる 時間は?など詳細はこちらから。

2012年6月6日に 金星の太陽面通過が8年ぶりに観測できることが分かりました!

金星の太陽面通過は 金星の日面通過(にちめんつうか)とも呼ばれる、非常に珍しい天体現象なのだとか。金環日食の為に 日食グラスを用意した、という方!捨てずにもう少し待ってください!

金星の太陽面通過2012、6月6日に21世紀最後の現象
Photo byde Benutzer Klingon

金星の太陽面通過 とは、太陽の表面を金星が横切ることで 太陽に小さな穴があいたように見える現象のこと。金星の太陽面通過 は2004年6月に観測されたそうで8年ぶりに見ることができますが、次に起こるのは105年後の2117年。

21世紀最後!という意味では金環日食よりも珍しい天体現象になるそうです(次に金環日食を日本で見られるのは18年後の2030年)。

ads

金星の太陽面通過2012 観測の時間帯は?

国立天文台によれば、金星は太陽の前をおよそ6時間半以上かけてゆっくりと横切るそうなので比較的余裕を持って観測できそう。

金星の太陽面通過が始まる時間は 2012年6月6日午前7時すぎ。ここからゆっくりと横切り始め、太陽面を通過して午後2時(14時)前に太陽から出て行く…というスケジュール。

全国的に朝の通勤時間やお昼の休憩時間にも見ることができるようなので 日食グラスを持って通勤・通学する人も多いかもしれませんね。

月が 太陽と地球の間に入る「金環日食」よりも 金星が通る「金星の太陽面通過」の方が 食が小さいのは、金星の方が地球との距離が遠いため。太陽が欠けて見える面積は非常に小さく 派手さ(?)はありませんが こちらも注目の天文現象のようです。

Via 21世紀最後の「金星の太陽面通過」/国立天文台

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP