ペルセウス座流星群2014は12日深夜、月明かりに負けぬ光探して

2014年のペルセウス座流星群は12日深夜から13日明け方にかけて。観測条件や方角についてはこちらから

大きな流星群、「三大流星群」の一つとして数えられる
ペルセウス座流星群。年間でも1・2を争う流星数を誇り、
極大は毎年お盆の頃のため 夏休みの自由研究などで観測をする人も多い。

ペルセウス座流星群2014は12日深夜、月明かりに負けぬ光探して
Photo by Brocken Inaglory

2014年のペルセウス座流星群は8月12日の深夜から13日の明け方にかけて活動が活発になると言われていますが

なんとその日は満月過ぎの明るい月が空を照らしているため、観測条件としてはよくない。

観測の方角としては、国立天文台によれば “流星は四方八方に出現するため、方角にこだわらず空の広い範囲が見渡せればどこを向いて観察しても構わない” とのこと。

条件がよければ天体観測初心者にも見やすいペルセウス座流星群。月の光が影響して、見えにくくても それより強い光で流星が現れる可能性もあるため、ゆっくりと構えて星空を眺めるといいかもしれません。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP