2014年のイースター、4月20日に卵やウサギで春をお祝い!

毎年4月頃に聞く、イースターという言葉。日本人にとってはあまり馴染みがありませんが、 イースターは毎年春に行われる西洋のお祭りのこと。また、冬を超えて春が復活する、ということから“春をお祝いする”という意味もあるそうです。イースターの楽しみ方はこちら

毎年4月頃に聞く、イースターという言葉。日本人にとってはあまり馴染みがありませんが、
イースターは毎年春に行われる西洋のお祭りのこと。キリストが死後に復活した、という教えに基づき、“復活祭”とも呼ばれていますが

冬を超えて春が復活する、ということから“春をお祝いする”という意味もあるそうです。

2014年のイースター、4月20日に卵やウサギでお祝い!

イースターは基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」にお祝いをするということで2014年は4月20日、2015年は4月5日、2016年は3月27日…というように毎年日にちが変わるのが特徴的です。

イースターのお祝いをイベントとして大々的に行うとしてよく知られているのは、東京ディズニーリゾート。

イースターグッズからイースターメニュー、園内でのエッグハントなどアトラクションに加えてゲストを楽しませています。日本でハロウィンの仮装などを広めたのもディズニーランドでは?とよく言われていますし、もしかしたら数年後にはさらに日本で“イースター”が浸透しているかもしれませんね。

ads

イースターでは何をして春をお祝いする?

イースターといえば、イースターエッグ。卵は“生命のはじまり”という事から卵を使った料理でお祝いしたり、中身を出した卵にカラフルなデコレーションを施して庭に隠し子供たちが探す「イースターハント」という遊びもあります。
(※ディズニーランドでは、卵形のオブジェにキャラクターが描かれて隠されていることも。)

さらに、こどもを沢山産むことからウサギもしばしばモチーフとして使われます。ウサギの形をしたクッキーや卵型のチョコにデコレーションされたお菓子がお菓子屋さんに並ぶことも多い。

卵のデコレーションは子供たちの楽しみの一つとして工作してみたり、夕食の献立に卵を取り入れたりすることで、気軽にプチイースターとして楽しめそうですね!(イースターってどんな日?/yahooきっず参照)

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP