ペルセウス座流星群2014、極大は8月12日夜中から

ペルセウス座流星群が2014年8月12日の夜中から13日明け方にかけて極大(ピーク)を迎えます。観測の方角や時間帯など詳細はこちらから

ペルセウス座流星群が2014年8月12日の夜中から13日明け方にかけて極大(ピーク)を迎えます。

7月から8月にかけて、1年間の中でも多く流星群が見られる季節。また、冬に比べると 外に出て長い時間空を見上げる事が辛くない(寒くない)ため 観測しやすいのがこの ペルセウス座流星群。

ペルセウス座流星群2014、極大は8月12日夜中から
※画像はイメージです

ペルセウス座流星群は1月のしぶんぎ座流星群や12月のふたご座流星群と並ぶ「3大流星群」の一つと言われていて、出現率が高い事が期待されますが

2014年の今年は1年で一番月が大きくみられるスーパームーンが8月11日にあることから

満月過ぎの明るい月が一晩中 夜空に居座るため観測条件としてはあまりよくないよう。(条件がよければ最大で1時間あたり50個以上の流星を見ることができるとか)

ads

極大(ピーク)の日以外も流星は楽しめる、観測・記録してシェアしよう

国立天文台によれば流星群のピークは12日夜中以降ですが、8月7日頃から15日頃までは流星群の活動が続くため、この期間中、月の光が視界に入らないようにしつつ

方角は気にせずに空全体を見渡すように寝転がったりすると見やすい。車の行き来がないような安全な場所でレジャーシートを敷いてゆっくり夜空を仰ぐとよさそうです。(虫よけ対策などをお忘れなく)

国立天文台では、ペルセウス座流星群が見られるであろう8月11日から14日までの4日間「夏の夜、流れ星を数えよう」キャンペーンを開催。

ペルセウス座流星群2014 流れ星を数えよう

期間中、流星がいくつ見えたかを専用サイトで報告(記録用紙も用意されています)。何時ごろに何個見られたか?などを設問に沿って答えていくようになっている。「全国の人たちが報告し合ったら、流星群の活動が明らかになるかもしれません」とのこと。

参加方法や報告のやり方など詳細は特設サイトでご確認ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP