2014 梅雨入りは例年より遅めで長い、北日本は冷夏?

2014年の梅雨入り予想が発表されました。エルニーニョ現象の影響から、梅雨入りは遅れて 梅雨時期(期間)も長引く予想。沖縄もGW明けて少し経ってから梅雨入りする見込み

2014年の梅雨入り予想が 日本気象協会のtenki.jpにて4月25日に発表されていました。

2014年は5年ぶりのエルニーニョ現象が発生すると予想されていて、この影響から梅雨前線の北上が遅れると考えられるそう。

2014 梅雨入りは例年より遅めで長い、北日本は冷夏?

気象庁のデータによれば平年の 梅雨入り時期は以下の通り▼

沖縄:5月9日頃
九州(南部):5月31日頃
九州(北部):6月5日頃
四国:6月7日頃
中国:6月7日頃
近畿:6月7日頃
東海:6月8日頃
関東甲信:6月8日頃
北陸:6月12日頃
東北(南部):6月12日頃
東北(北部):6月14日頃

昨年はほぼ平年並みの時期に梅雨入り、と たいていはゴールデンウィークが終わった頃に沖縄が梅雨入りしたことがよくニュースになりますが

2014年はゴールデンウィーク明けから少し時間をあけて 沖縄が梅雨入りとなりそうです。

ads

梅雨入りが遅くなるとされる「エルニーニョ」とは

およそ5年ぶりに発生すると予想されるエルニーニョ現象。これは

太平洋赤道域の日付変更線付近から南米のペルー沿岸にかけての広い海域で海面水温が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象です。
via. エルニーニョ/ラニーニャ現象とは(気象庁)

平常時ならば太平洋熱帯域で常に吹いている貿易風(東風)。エルニーニョ現象の時にはこれが弱まる。

これが影響して太平洋高気圧の日本付近への張り出しが弱まるため梅雨前線の北上も遅れると考えられます。

そのため、エルニーニョ現象が発生すると日本の夏は梅雨が長引いて日照時間も少ない・冷夏になりやすい と言われています。

梅雨前にしておきたい洗濯

しかし 梅雨入り時期が遅くなる、という事は梅雨入り前が少し長いということ。今年の春は気温の変動が激しくてタンスにしまった冬物を引っ張り出して使ったという方も多いはず。

ゴールデンウィークから明けにかけて、衣類の整理・クリーニングやお家の湿気対策・防水対策など長い梅雨に備えて準備をしっかりしておくとよさそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP