ふるさと名物知名度ランキング2016、1位は白い恋人 広島は?

どこの「ふるさと名物」が最も知名度が高いのか?が分かる「ふるさと名物知名度ランキング」の2016年度版が発表されました。1位は不動の「白い恋人」。広島の名物はどうか?

ふるさと名物に関する知名度ランキング 2016年版が、統計・調査研究のインテージリサーチ社より発表されました。

ふるさと名物知名度ランキング2016、1位は白い恋人 広島は…

このランキングは、昨年の調査時に使用した「特許庁の地域団体商標」や「日本銘菓辞典」、「日本の地域ブランド・名産品」などから抽出した3330の産品に加え、全国各自治体がふるさと納税の返礼品に用いている品を追加した約5000品から、知名度を調査・分析してランキング化したもの。

各都道府県の性別・年代5区分(20代~60代以上)を均等割付で全10466人にアンケート。

この結果、全国で一番知名度が高いふるさと名物に輝いたのは、「白い恋人(全国知名度86%)」が2年連続で1位に!全国都道府県魅力度ランキングでも北海道は1位に君臨しており、多くの人が北海道に魅力を感じていることが分かります。

ads

全国ふるさと名物知名度ランキング2016 TOP10

全国で知名度の高かった「ふるさと名物産品」トップ10は以下の通り。

  1. 白い恋人(北海道)/知名度86%
  2. 生八ツ橋(京都府)/知名度79.8%
  3. ちんすこう(沖縄県)/知名度79%
  4. 八ツ橋(京都府)/知名度77.3%
  5. シークヮサー(沖縄県)/76.3%
  6. きりたんぽ(秋田県)/知名度75.3%
  7. 夕張メロン(北海道)/知名度75.2%
  8. 讃岐うどん(香川県)/知名度74.3%
  9. うなぎパイ(静岡県)/72.7%
  10. サーターアンダギー(沖縄県)/72.4%

上位4位までは昨年と順位が変わらず。近年話題となった特産品よりも、長年のPRや口コミなどによってイメージづけられた「名物」が確立されている、といった印象の結果になりました。

しかし、全国のイメージと地元民にとっての現在の県産品は絶対にコレ!と思っているモノにズレがあるケースも。そんな「各都道府県内における知名度と全国知名度のギャップランキング」も発表されています。

都道府県内知名度と全国知名度のギャップランキング

このランキングは、各地の地元での知名度と全国知名度に大きく差があったもののランキング。

  1. 金萬(秋田県)
  2. 金長まんじゅう(徳島県)
  3. 打吹公園だんご(鳥取県)
  4. 多岐いちじく(島根県)
  5. だまこ餅(秋田県)
  6. 加治木まんじゅう(鹿児島県)
  7. 佐賀のり(佐賀県)
  8. ふろしきまんじゅう(鳥取県)
  9. 越のルビー(福井県)
  10. おしどりミルクセーキ(山形県)

地元で愛されている商品だけに、他県民も観光で訪れる際にはぜひチェックしておきたい。

ふるさと名物 知名度ランキング、広島県産品のイメージは?

上記のランキングには、広島のふるさと産品が登場せず。観光スポットとしての知名度は外国人にもかなり高い広島ですが、県産品はもう少し…といったところでしょうか。

以下は、各都道府県別で発表された広島県の知名度県産品ランキング。

  1. もみじ饅頭/全国認知度76.1%
  2. 広島かき/全国認知度58%
  3. かき醤油/全国認知度28.7%
  4. 広島レモン/全国認知度22.8%
  5. 熊野の化粧筆/全国認知度21.9

この他、「ランキングから見る広島」特集も、意外な広島が見えてくるのでおすすめです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP