チョコレート検定2017、東京、大阪、広島など6都市で開催

明治がチョコのプロフェッショナル認定してくれる資格「チョコレート検定」。合格すると、認定証のほかに名刺やピンバッジも。レベルはスペシャリストとエキスパートの2種類あり。

世の中のチョコレート好きならだれでも参加できる「チョコレート検定」が2017年9月18日に札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の6都市にて実施されます。

チョコレート検定2017、東京、大阪、広島など6都市で開催
合格者に発行される認定カード(有料)

2016年からはじまったこのチョコレート検定。チョコレート菓子で知られる「明治」がミルクチョコレート90周年を記念してスタートしたもの。

試験には、チョコレートの歴史・製法・カカオ豆の種類・生産地・カカオポリフェノールの健康効果などの基礎的な知識から、カカオ豆の種類や産地による味の違い、チョコレートをおいしく味わうマリアージュなどなど幅広い問題が出題されます。

ads

認定証や名刺までつくれる!チョコレート検定

チョコレート検定で挑戦できる資格は、以下の2種類。

・チョコレートスペシャリスト(初級)
・チョコレートエキスパート(中上級)

もともとあったスペシャリストに加え、今年からエキスパートを新設。問題は4択で各100問の60分制で、2タイプの資格を併願することも可能。

チョコレート検定 合格者に発行されるピンバッジ(有料)
チョコレート検定 合格者に発行されるピンバッジ(有料)

合格者全員に認定証が授与されるほか、特典として名刺や認定カード、ピンバッジも有料でつくることができる。

チョコレートスペシャリストの認定証と名刺
チョコレートスペシャリストの認定証と名刺

チョコレート好きの方、好きなものの知識を深めたい方などなどにぴったりのチョコレート検定。また、チョコレートに携わるお仕事をされている方が持っていたりすると説得力が増しそうです。

資格取得に向けて勉強できるよう、2017年版公式テキストも用意。初開催の2016年の受験者は10歳~82歳までと年齢層は幅広いものの、合格率97.9%!このうち、100点は122名もいたとのこと。

試験の実施日は、チョコレートスペシャリスト・チョコレートエキスパート共に2017年9月18日で、試験時間は60分。受験料はスペシャリストレベルが5200円、エキスパートレベルが5900円、併願は9960円で、2/14までに申し込みすれば早割で各300円引き。

申し込みはチョコレート検定専用WEBページから。申し込み締め切りは2017年8月8日、受検会場の詳細については受検票に記載される。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP