7月25日は、かき氷の日!由来は過去最高の猛暑日から

7月25日は、かき氷の日!かき氷の日は、日本かき氷協会が制定したもので、かき氷の別名・夏氷「な(7)つ(2)ご(5)おり」のごろ合わせから。また、山形市で過去最高の猛暑日となった日でもあるため制定された記念日。

7月25日は、かき氷の日 だって知ってました?
かき氷の日は、日本かき氷協会が制定したもので、かき氷の別名・夏氷「な(7)つ(2)ご(5)おり」のごろ合わせから制定された記念日。

7月25日は、かき氷の日!由来は過去最高の猛暑日から
photo by 本格ふわふわ 氷かき器(電動)

かき氷の日 = 7月25日 には、もう1つ意味・由来があります。

1933年の7月25日、山形市ではこの日、フェーン現象の影響(※)で 当時の日本としては過去最高気温だった40.8度が記録された日でもあった事にも由来しているのだそうです。

※フェーン現象とは
湿った空気が山を越えて、乾いた暖かい風となって吹き降ろす現象のこと。

40.8度って…。35度くらいでも肌がチリチリ焼けつくような暑さなのに、40.8度なんてどんな世界なんでしょうか…。

ads

猛暑日って何度から?

よくニュースでは、「夏日になりました」とか、「猛暑日が続いています」などの言葉が使われていますが、それぞれ何度以上になるとその言葉を使うのでしょうか?

夏日(なつび) → 25℃以上
真夏日(まなつび) → 30℃以上
猛暑日(もうしょび、または酷暑日ともいう) → 35℃以上

上記のように、25度から5度ずつ上がっていくたびに表現も異なっていますので、40度以上となると…もう異常気象なんでしょうね。

かき氷の食べられるスポットや、かき氷の話題

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP