ローマ法王 ベネディクト16世 退位、教皇の職務とは

ローマ法王(ローマ教皇) ベネディクト16世が、2013年2月28日を以て 退位することがローマ法王庁より発表されました。果たせなくなった、 ローマ法王 の職務とはどんなもの?情報をまとめました

昨年、ツイッターのアカウント(@pontifex)を開設しツイートを始めた という事でも話題になった ローマ法王(ローマ教皇) ベネディクト16世が、2013年2月28日を以て 退位することがローマ法王庁より発表されました。

ローマ法王 ベネディクト16世 退位
Photo by 教皇ベネディクト16世バースデイ・コンサート

ローマ法王 ベネディクト16世はカトリック教会において彼の助言者にあたる高位聖職者を集めた枢機卿(すうききょう)会議の最後に以下のような

退位宣言文を読んだそうです。

ここ数ヶ月、私の体力は低下してきており、動きが極めて速く様々な問題を抱える今日の世界において 私に任せられた使命を全うさせる事ができない という確信を持つに至った
Via.radiovaticana.va

ベネディクト16世は、前ローマ法王の ヨハネパウロ2世の後を継ぎ 78歳という最高齢で ローマ法王(教皇)に選出。

ベネディクト16世は 1927年4月16日生まれの現在85歳。「高齢のために職務を全うできない」とありましたが、法王(教皇)の職務とはどんなものか?日本ではあまり馴染みのないこの事について調べました。

ads

ローマ法王とは? キリスト教聖職者のしごと

ローマ法王 とは、日本で一般的に表記されるものですが カトリック教会では ローマ教皇(きょうこう)とするのが正式なもの とされているようです。

ローマ教皇は キリスト教の高位聖職者の称号のこと。

Wikipediaによれば、教皇年鑑に記される 教皇の公式な称号は以下
ローマ司教/キリストの代理人/使徒のかしら(頭)の継承者/全世界のカトリック教会の統治者/イタリア半島の首座司教/ローマ首都管区の大司教/バチカン市国の首長/神のしもべ(僕)のしもべ

カトリック教会の長として宗教上の権威と、バチカン市国の国家元首として国際法上の権威の両方を保持。

また、ローマのバチカンにある、ローマ教皇を頂点として全世界のカトリック教会を 統率する組織「ローマ教皇庁」の長にあたる人物。(バチカンの組織図について詳細は カトリック中央協議会のホームページ)をご覧ください。

新法王については3月末の復活祭までに選出される予定だそうです。

Via.
ローマ法王 ベネディクト16世の退位宣言(全文)
教皇/Wikipedia
ベネディクト16世 (ローマ教皇)/Wikipedia

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP