鏡開きはいつ?日にちや意味を知って、鏡餅を美味しく食べよう

お正月に神棚などにお供えする 鏡餅。しかし、鏡餅をおろしてみんなでいただく 鏡開きはいつ してよいものか、どうやって食べるものか?そもそも 鏡餅や鏡開きはどういった意味を持つのか? 鏡開きしたお餅の おいしいレシピなどもこちら

お正月に神棚などにお供えする 鏡餅。しかし、鏡餅をおろしてみんなでいただく 鏡開きはいつ してよいものか、どうやって食べるものか?そもそも 鏡餅や鏡開きはどういった意味を持つのか?意外と知らない事が多い。

そんな 鏡開きについて調べました。

鏡開きはいつ?日にちや意味を知ろう

鏡開き は地方の風習によってそれぞれ異なるようですが、一般的なのは 毎年1月11日と言われています。

鏡開きの意味(理由)


お正月に各家に迎え祭る「年神(歳徳神 とくしんじん とも言う)」が宿った鏡餅を、松の内が明けた1月11日にさげて食べること。(松の内とは年神が滞在する期間のことを指し、この期間に門松を飾ります。)

丸いお餅に刃(包丁)を入れて切ることは「切腹」を連想させるため木槌や手で割ったりするのが一般的で、「切る」「割る」という言葉を避けて『開く』という言葉を使用。

これを調理してお雑煮やぜんざい(おしるこ)にして頂くのが鏡開き なのだそうです。

年神が宿った鏡餅を頂く、という事は「新しい生命をいただく」ということだそうでその年を健やかに過ごす事ができると伝えられています。

ads

固くて芯が残る鏡餅をおいしく食べるレシピ

鏡餅はお正月の間に水分が抜けてひび割れたり固くなってしまい 焼いても芯が残って美味しく食べられませんよね。

鏡開きで鏡餅を食べる時には、allabout.co.jpでも紹介されているように 水に半日程度浸しておき、その後お餅をラップなどで巻いて レンジですこし柔らかくしてからお雑煮やぜんざい(おしるこ)に入れるとやわらかい状態でおいしく食べられるそうです。

ぜんざい 画像

この他 水に浸さず細かく割って揚げて油で揚げて砂糖や塩・醤油などをまぶす かき餅、炊き込みごはんと一緒に炊いてよく混ぜておこわにする など、アイデア次第でいろいろな料理で使えます。

年神の宿る鏡餅をいただいて、新年も元気に過ごしましょう!

Via.1月11日は鏡開きの日/日本鏡餅組合

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP