2014 暦要項、日食・月食・国民の祝日など国立天文台が発表

国立天文台が、2014年(来年)の暦要項を発表。国民の祝日や二十四節気および雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食なども掲載されています。

国立天文台が、2014年(来年)の暦要項を発表。2月最初の官報(法令・政令・条約等を公報するもの)で国民の祝日や二十四節気および雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食などを掲載しました。

国立天文台が推算したもので、これが正式な決定となるそうです。

2014 暦要項、日食・月食・国民の祝日など国立天文台が発表
Photo by テラナビゲータVer.9追加恒星データ

2014年の国民の祝日
元日:1月1日(水)
成人の日:1月13日(月)
建国記念の日:2月11日(火)
春分の日:3月21日(金)
昭和の日:4月29日(火)
憲法記念日:5月3日(土)
みどりの日:5月4日(日)
こどもの日:5月5日(月)
海の日:7月21日(月)
敬老の日:9月15日(月)
秋分の日:9月23日(火)
体育の日:10月13日(月)
文化の日:11月3日(月)
勤労感謝の日:11月23日(日)
天皇誕生日:12月23日(火)

ads

日食・月食のスケジュールも判明、金環日食は見れず

暦要項の発表では、国民の休日だけでなく「二十四節気および雑節」もあり代表的なものを挙げると

大寒:1月20日
立春:2月4日
春分:3月21日
立夏:5月5日
夏至:6月21日
立秋:8月7日
秋分:9月23日
立冬:11月7日
冬至:12月22日

などがあります。

また、2014年は日食が2回ありそのうちの1回は2012年に日本でも大きな話題となった金環日食となりますが残念ながらどちらも日本では見ることができないそうです。(4月29日)

月食は2回あり月食は2回とも日本で観測できる。(4月15日、10月8日)天文ファン必見の情報ですね!

このほか、朔弦望(月の満ち欠け)の情報など詳細は国立天文台発表の平成26年 (2014) 暦要項をご覧ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP