しぶんぎ座流星群 2014、極大は1月4日早朝で条件最良!方角など

2014年の最初を飾る、三大流星群のひとつ しぶんぎ座流星群が1月4日に極大(ピーク)を迎えます!しぶんぎ座を楽しむために、見頃の時間帯や方角、条件を把握しておこう。詳細はこちらから

2014年の最初を飾る、三大流星群のひとつ しぶんぎ座流星群が1月4日に極大(ピーク)を迎えます!

しぶんぎ座流星群は「条件がよく熟練の観察者なら1時間あたり100個程度 観測できる」と言われるほど出現数の多い流星群。平均的には1時間あたり20から50個程度で 出現数にムラはあるようですが 素人でもけっこう楽しめそうな感じですよね。

しぶんぎ座流星群 2014、極大は1月4日早朝で条件最良!方角など
写真はイメージ

また、2014年は日が暮れた頃(宵の口)に月が沈むため、天体観測の一番の天敵である「月の光」に遮られる事なく存分に見る事ができそう。(晴れてくれるといいのですが…) このため、条件としては”最良”と言われていて、

極大(ピーク)の時間帯、3日から4日に日付が変わる真夜中かから4日明け方の頃に数十個(1時間あたり)観測する事ができるだろう とAstroArtsは予測しているようです。

方角は北北東の空。3日23時頃に北北東の地平線からのぼってきて4日午前4時頃に真上に来る。この時が一番出現数(見える流れ星)が多いと思われます。

また、ウェザーニュースによれば 「冬型の気圧配置となって、東日本の太平洋側ほど広いエリアでバッチリ流星観測を楽しめそう」とのこと。流星の様子を伝えるライブ中継もあるそうなので、詳しくは専用サイトをチェック。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP