うるう秒 挿入へ、2015年7月1日は1秒長い日

2015年7月1日の午前8時59分59秒と午前9時の間に1秒を挿入する「うるう秒」の挿入が総務省から発表されました。

総務省とNICT(独立行政法人情報通信研究機構)が2015年7月1日の日本標準時に「うるう秒」を挿入する事を発表しました。

うるう秒 挿入へ、7月1日は1秒長い日
画像はイメージ

うるう秒の挿入は、前回の2012年7月1日から3年ぶり。挿入するのは午前8時59分59秒と午前9時の間に「8時59分60秒」とのこと。

うるう秒とは?
1秒の長さの定義は、かつては地球の自転や公転に基づいた天文学からの定義(天文時)が採用されていましたが、1967年に「数十万年に1秒」ずれるだけの高精度な原子時計(原子の振動を利用したもの)が採用された事で 原子時計に基づく時刻と天文時に基づく時刻との間でずれが生じるようになった。

このずれを0.9秒以内におさまるように調整を行った時刻を「世界の標準時(協定世界時)」として使う事にしており、今回その調整を行うために うるう秒の挿入が行われるとのこと。

via. NICT(独立行政法人情報通信研究機構)総務省 「うるう秒」挿入のお知らせ

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP