スカイツリー 当日券でGO!天望回廊(第2展望台)まで上ってみました

東京スカイツリーが当日券を発売スタート。予約が取れなかった人でもスカイツリーに当日券で入れます。予想通りの混雑具合ですが、待ち時間も1時間程度。当日のお昼頃に行っても当日券で入場が可能です。展望台は 天望デッキ(第1展望台:高さ350m)と、天望回廊(第2展望台:高さ450m)の2つある

2012年07月18日 12:30

スカイツリー 当日券でGO!天望回廊(第2展望台)まで上ってみました

  シェアする

東京スカイツリーが5月22日にオープン、当面は予約でしかスカイツリーの展望台には入れませんでしたが、その後 7月11日からようやく当日券の発売がスタート。

スカイツリー 展望台の当日券を発売開始後は、予約が取れなかった人たちがオープンの8時前から400人以上が並ぶ盛況ぶり。

スカイツリー 当日券でGO!天望回廊(第2展望台)まで上ってみました

そんなワケで、朝からかなり混雑している東京スカイツリーですが、当日券では一体 どのくらいの待ち時間で入れるのか?実際に並んでみました。

スカイツリー到着が午前10時。朝8時から400人以上も並ぶと聞いていたので、もしかしたら当日券も売切れているかも…と心配していましたが、まったく問題ない様子。

東京スカイツリー 当日券の待ち時間は、1時間程度

混雑が分かり切っていた連休中の7月14日ですが、当日券を買い求める人の列の待ち時間は1時間~1時間半くらいでした。午後14時をまわっても当日券の行列が続いて(受付されて)いましたので、午後からでも当日券で入れるようです。

ads

いざ、東京スカイツリーの展望台へ

スカイツリー 展望台への当日券とパンフレット

東京スカイツリーの展望台は、天望デッキ(第1展望台:高さ350m)と、天望回廊(第2展望台:高さ450m)と2つあり、当日券でも予約でも、まずは天望デッキ(第1展望台)までを購入します。

いちばん高い展望台の天望回廊へのぼりたい人は、天望デッキまでのぼり、そのフロアで天望回廊行きのチケットを購入する、といったカタチになっていました。

当日券のチケットは大人2000円(予約の場合は、2000円に事前購入代の500円がプラスされます)。しおりとうちわ、当日券とパンフレットを受け取り、エレベーターホールに進みます。

東京スカイツリー エレベーターホール

エレベーター前で案内してくれているスタッフのユニホームも、なかなか斬新。館内の雰囲気とは少し違い、ちょっぴり昭和の香りが漂っています。

東京スカイツリー スタッフのユニホーム

雰囲気のある天井照明のエレベーターホールを進んでいき、きらびやかに装飾されたエレベーターに乗り込みます。

スカイツリー エレベーター

このエレベーターがまたスゴイ。採用されているのは東芝の超高速エレベーター。とても静かで振動もほとんどしないのに、ものすごい速さでのぼっていき、350mの高さの展望台まで、たった50秒で到着します。

そして、到着すると広がる景色が以下のようなもの(動画)

東京スカイツリー 天望デッキ(第一展望台)動画
東京スカイツリー 天望デッキ(第一展望台) 高さ350m

かなり混雑している展望台ですが、そこから見える景色は素晴らしい。完全に、飛行機から見下ろしているかのような景色です。

東京スカイツリー 展望台の様子1

東京スカイツリー 展望台からの景色

展望台の中に、お土産コーナーやカフェ、レストランなどもあります。

東京スカイツリー カフェ

また、記念撮影ポイントとして 雲の椅子の上に座り、ミニチュアのスカイツリーと一緒に記念撮影をすることも出来ます(自分のカメラを渡せば無料)。

東京スカイツリー 無料で記念撮影も

同時にスタッフが持つカメラでも撮影され、台紙の付いた記念写真はいかがですか?と有料版(1枚1500円)の案内もされます。

最も高い、天望回廊へ!

スカイツリーの第2展望台、天望回廊へはさらに追加で 1000円のチケットを購入するとのぼれます。

スカイツリー 最上階の展望台、天望回廊へ

正直、当初は「一番上までのぼってトータルで3000円は高い!」という印象を持っていたのですが、第1展望台の1フロア下に(350mから345mへ)下がるだけで、不思議とかなり地上が近く感じるもの。

ならば是非とも、450mという高さからの景色も見てみたい!と、のぼってみることに。動画は以下より。

スカイツリー 天望回廊からの眺め 動画
スカイツリー 天望回廊からの眺め、高さ 450m

350mの展望台「天望デッキ」からグッと人も少なくなって、かなりゆったり景色を楽しめます。

スカイツリー 展望回廊の様子

天望回廊のエレベーターを降りた地点は445mで、フロアが緩やかな坂道になっており、歩いて1周すると5m上の最高地点 450mに到着します。

途中、何台ものカメラで外を撮影しているスタッフの女性の姿が。

スカイツリー 天望回廊から記念撮影

何をしているのかと思ったら、天望回廊の端に立ち記念撮影をするというサービスのよう。反対側の端に立つお客様を、上から見下ろすように撮影してくれます。具体的には以下のような感じ。

スカイツリー 天望回廊で記念撮影

で、こんな感じの写真を撮ってくれます。

スカイツリー 天望回廊 写真撮影 1200円で

台紙付きで、1枚 1200円。さっきの下のフロアの写真サービスより、断然 特別な感じがして価格も安く、お得感があります。これはオススメ。

そして、最後まで歩いてのぼっていくと、ソラカラポイント(最高地点)に到着!

スカイツリー 天望回廊の最高地点へ

スカイツリー ソラカラポイント

遠くの景色はかすんでいましたが、オモチャのように小さく見える街の風景の中には、沢山の人の生活があるのがなんだか不思議な感じ。

人間が造りあげてきた街の風景や、鉄の塊の飛行機がスイスイ飛んでいる風景など、日常的に目に見えている風景も何だかものすごいモノのように感じられて、

昔の人はこんな景色は想像も出来なかったんだろうなぁと。そして数十年後には、今の私たちの常識に無かった世界が広がっているんでしょうね。

あらためて人間のチカラや可能性は無限大なんだなぁと、そんな気持ちにさせられました。

スカイツリー 展望台より

▼東京スカイツリー
住所: 東京都墨田区押上一丁目1番13号
時間: 8時~22時
問合せ: 0570-55-0634

ads

「一般ニュース」 一覧へ

[探す]: 広島情報をエリア別で見る

tabetainjyaさんをフォロー 記事担当( 記事: Mika Itoh )

前の記事 / 次の記事

関連ワードリンク

広島市の大規模土砂災害について
ページの先頭へ

TOPへ広島特集当サイトについてお問い合わせネタ投稿・プレスリリース送付編集部プロフィールお知らせ運営者情報

Copyright (C) 2009-2014 All Rights Reserved 広島ニュース 食べタインジャー

google+ページへ フェイスブックページへ Youtubeチャンネルへ Twitterフォロー