スティーブジョブズの命日、追悼ムービー「Appleは彼からの最高の贈り物」

スティーブジョブスが亡くなってから2012年10月5日で1周忌となり、命日のこの日、アップル社のホームページでは、ジョブズを追悼する映像を公開しています。追悼動画では、若き日のジョブズからiPhone、iPod などを次々と誕生させる彼の姿が1分程度映し出されます

スティーブジョブズが亡くなってから2012年10月5日で1周忌となり、命日のこの日、アップル社のホームページでは、ジョブズを追悼する映像を公開しています。

追悼ムービーでは、コンピューターと向き合い楽しそうにしている少年の頃のスティーブジョブズから、iMac、iPod、MacBook Air、iPhone と、次々に生み出していくジョブズの姿が映し出される内容で、1分程度の動画となっています。

スティーブジョブズの命日、追悼ムービー「Appleは彼からの最高の贈り物」
photo by Apple web site

スティーブジョブズ 映画化、伝記を元にソニーピクチャーズが権利獲得

スティーブジョブズの功績を称え、彼を偲ぶ動画が流された後には、現在のアップルCEOであるティムクック氏からのメッセージが表示される。

ads

カリスマ・ジョブズ氏が深く関わった最後の製品は iPhone5か

ティムクック氏からのメッセージ(一部)は以下のようなもの。

スティーブジョブズがこの世界をよりよい場所に変えてくれた多くの方法を、今日は思い出して欲しい。スティーブが世界に与えた最大の贈り物の一つがアップルです。私たちの価値観はスティーブに由来し、彼の精神は永久にアップルの基礎になるでしょう。私たちは、彼が残した遺産・お客様が愛している製品を未来に残して行く責任がある。この仕事をとても誇りに思っています。(一部抜粋)

スティーブジョブズが生み出した製品で最も売れている iPhone(アイフォン)

ちなみに、ジョブズが生み出した製品の中でも iPhone(アイフォン)は特にズバ抜けて売れており、今やアップル社の利益の3分の2をしめているのだそうです。

また、先日発売され爆発的にヒットしているアイフォン最新シリーズ iPhone5 は、「ジョブズから詳細な指示を受けた最後の製品だろう」と米紙ビジネスウィークは報じています。

アップル社がジョブズの精神を受け継いだ革新的な製品を、今後もこの世に残していくことが出来るかどうかは、これから先の製品で真価が問われる事になりそうです。

アップル 公式サイト

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP