違法ダウンロードの刑事罰が法律で決定、リッピングも禁止・購入したDVDでもNG

違法ダウンロードやリッピングが刑事罰となることが決定・成立しました。リッピング(DVDビデオソフトや、音楽CDなどのデジタルデータを パソコンに取り込むこと)も禁止になった為、今後はレンタルビデオ店で借りてきたDVDを私的複製としてリッピングするのも禁止・違法となる

違法ダウンロードやリッピングが刑事罰となることが決定・成立しました。リッピング(DVDビデオソフトや、音楽CDなどのデジタルデータを パソコンに取り込むこと)も禁止になった為、

今後はレンタルビデオ店で借りてきたDVDを私的複製としてリッピングするのも禁止・違法となるようです。

違法ダウンロードの刑事罰が法律で決定、リッピングも禁止・購入したDVDでもNG

違法として規制の対象となる「リッピング」は、コピーコントロール技術を変換して取り込むのが対象となっているため、

たとえ自分が買った映画のDVDだろうと、リッピングでパソコンなどに保存(コピー)することは違法行為となります。

違法ダウンロードの刑事罰は2012年10月1日より施行され、200万円以下の罰金または、2年以下の懲役が科せられることになります。

ads

Youtubeやニコニコ動画からのダウンロードも規制対象

ちなみに、Youtube(ユーチューブ)やニコニコ動画などで、個人が撮影しアップしているような動画で、さらにアップロードした本人が「ダウンロードOK」としているものなら

ダウンロードすることは問題無さそうに思われますが、実はこれも規制対象。壇弁護士によれば、

作者が著作権処理をちゃんと行っているとは限らないので、「ダウンロードOK」と書いていた場合であっても、例えばこの作者の動画が他人の著作物を違法に使用しており、ダウンロードする人がそれが違法であることを認識していれば、処罰の対象となります。(一部抜粋

とのこと。なかなか難しいですね…。しかし気になるのは、違法で摘発された人が支払う「罰金」の行き先。

CDが売れないのは違法ダウンロードが増えたせいだ、と言われていることも今回の刑罰の決定に絡んでいるようなのですが、

罰金は違法ダウンロードされ著作権の被害を受けた権利者ではなく、国に納められてしまうというのも、何だかおかしい気がしますね。

違法ダウンロードに罰則、DVDリッピングも違法化
著作権法改正で何が変わるか 壇弁護士に聞く

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP