ツイッター装い パスワードリセット促すスパムにご注意!対処法も

Twitter(ツイッター)のパスワードをリセットした時に送られるメールを装い ユーザーにスパムメールが送られる という事例が増えています。この 対処法などをご紹介

アメリカ Twitter(ツイッター)が、ツイッターユーザーのパスワードを「間違って」リセットしてしまうというトラブルが発生した事を 公式告知メッセージ Statusで発表しました。

ツイッター装い パスワードリセット促すスパムにご注意
photo by ツイッター Twitter 完全活用術 改訂版

ツイッターでは、アカウントに不正な進入があったと判断した場合にはこのアカウントのパスワードをリセットし ユーザーに新しいパスワードの設定をするようにとメールを送信する仕組みになっているそうですが

今回、手違いで 不正侵入されていないアカウントのパスワードまで大量にリセットしてしまい 多くの人にツイッター本部からのメールが送られてしまったよう。

これを装ったスパムメールも 今回のトラブルに乗じて送りつけられている可能性があるのでご注意![スパムメール や 不正アプリの事例はこちら]

記事後半では、スパムメールの内容やこの対処法などをご紹介。

ads

リンク先が「Twitter.com」であることを確認!アカウントを守ろう

パスワードのリセットを行った場合、ツイッターから「新しいパスワードの設定を行うように」とリンク付きのメールが送られてくるようですが

スパムメールの場合、このリンク先が不正サイトへの入り口になっており「アカウント乗っ取り」などの原因になることも。

Twitterで勝手にフォロワーにDMを送信してしまうスパムの対策方法]でもご紹介した通り、ツイッターのスパムメールへの対処法としては

・不審なリンクを踏まない
・必ずリンクが「Twitter.com」である事を確認する ※IDやパスワードを入力する際も同様
・ツイッターのURLを直接入力してアクセスする

などがあり、これらはツイッターのヘルプセンターでも紹介されています。

今回のツイッターのトラブルはアメリカのものですが スパムメールは日本でも様々なものが横行しているので特にIDとパスワードの取扱いについては気を付けましょう。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP