全身がんとは?樹木希林の衝撃告白の本当の意味は?

樹木希林 さんが日本アカデミー賞 授賞式で 全身がん である、カミングアウトしましたが、全身がんとは?その真相・病状は?

全身がん なので、来年のお仕事はお約束できないんですよ。本当に。

樹木希林 さんが日本アカデミー賞 主演女優賞に輝き 壇上で語ったその衝撃告白で翌日の新聞の一面が飾られましたが、全身がんとはどのようなものなのでしょうか。

全身がんとは?樹木希林の衝撃告白
Photo by樹木希林 主演/わが母の記

樹木希林(きき きりん)さんは2003年に左目の視力を失いかけ(今では見えるようになっているとも言われている)、2005年には乳がんが発覚。右乳房の前摘出手術をしたそうですが、2007年頃に再発。

樹木希林 さんは以前ポストセブンの取材に対して「私は癌ができる体質になっちゃってる」と答えており、治療をした乳がん以外にも 転移が見つかったのだそうです。

全身がん とカミングアウトした 樹木希林さんですが 日本アカデミー賞授賞式の場では元気な様子でコメント。病状などはどうなのでしょうか。

ads

樹木希林が語った 全身がん、大女優の「ブラックジョーク」?

樹木希林さんが「全身がんだから…」と語った 日本アカデミー賞授賞式の後に行われた 会見ではこの発言に対して記者から「本当ですか?」などの質問が飛び、「(病院などの)2カ所が言うんだから、そうなのよー」と答えたそうですが

「エリカ様(沢尻エリカ)がいるのだから これくらい言わないと注目度が下がる」というような事を語った という話もあるようで この発言の真相は闇の中。

ただ、[全身にがんが転移しており、ここ何年もがんとつき合いながら 仕事も選んで(セーブしながら)やってきた]というのは本当の事のようで フジテレビのとくダネの直撃インタビューにも答えていました。

体調についても「あと2、3週間は生きてるんじゃないですか」と、大女優はどこまで本当か読めないコメントをしていたようです。

Via.
樹木希林「全身がん」衝撃告白 日本アカデミー賞授賞式で

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP