かぐや姫の物語、姫が犯した罪と罰とは?予告編で興味惹き付け

かぐや姫の物語 が2013年11月23日に公開されます。この映画で描かれるのは、原作「竹取物語」では語られなかった かぐや姫の犯した罪と罰。姫は一体何を犯し、この星で何を思ったのか?

かぐや姫の物語 が2013年11月23日に公開される!という事が、シネマトゥデイによって報じられました。

かぐや姫の物語 とは スタジオジブリの次回作として期待される作品で、高畑勲監督が「となりの山田くん」以来に手がける作品。かぐや姫の物語 は、日本最古と言われる物語 竹取物語を元に製作されているそうです。

予告篇などに使用されるキャッチコピーには かぐや姫の犯した罪と罰 という言葉が使用されています。劇場で公開された予告編では鬼気迫る表情で 着物を脱ぎ捨てながら森の中をひたすらに爆走するかぐや姫。一体、何を犯し 何から逃げているのか…。気になる!

かぐや姫の物語、姫が犯した罪と罰とは
Photo by かぐや姫の罪 (新人物文庫) 映画公開を前に、こんな書籍も発売されてる!

かぐや姫(竹取物語)の あらすじとしては、

おじいさんが森の中で光る竹を見つけ、その中から小さな姫を見つける。その娘はおじいさんの元で大切に育てられ、かぐや姫と名付けられた。かぐや姫はあっという間に成長し、町中の男性から求婚される美しい女性になった。 かぐや姫はその中でも特に熱心な男性5名の誰かに嫁ぐようにおじいさんに言われるも、かぐや姫は叶いそうにもない「難題」を出し、これを叶えられたらその人に嫁ぐ…とした。このお題を叶えられる男性はおらず、結局 誰のもとへも行かなかったかぐや姫。 そのうちに月からのお迎えが来るという。おじいさんや強者たちは かぐや姫を連れ去られまいと抵抗するもその甲斐なく かぐや姫は月に帰ってしまった。
※筆者による要約です。予めご了承ください。

というものですが、かぐや姫は何故 月から地球に来る事になったのか?そしてなぜ月に帰らねばならなかったのか?という所は描かれていません。これについて

かぐや姫は「月」でなにか罪を犯して 地球に来る事になった …と考えられていますが、映画 かぐや姫の物語 ではまさにここが描かれます。

ads

かぐや姫の物語、描かれる姫は「ワガママ娘」

東宝の公式サイトで公開されている 記者会見の情報によれば、かぐや姫の物語を手がけた 高畑監督は出来上がったばかりの絵コンテを、故・氏家齊一郎氏に見せたところ、2時間半かけてそれをじっくり読み、

「かぐやって、わがままな娘だな。でもやっぱりな、女はわがままに限る」

と言ったそうです。そんな氏家さんの感想に高畑監督は笑い「その通り、僕はわがまま娘を描いているんです」と言ったそうです。

竹取物語(原作)が描く平安時代のお話はそのままに、その頃も、現代も変わらぬ「わがままな女性」像を描く事で現代との繋がりをもたせる かぐや姫の物語。

竹取物語では描かれなかった 姫が犯した罪と罰、そしてこの星で かぐや姫はなにを思ったのかを描く かぐや姫の物語。公開日が楽しみですね。

かぐや姫の物語/公式サイト

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP