エヴァンゲリオン ナンバープレート、箱根で交付開始!

エヴァンゲリオンの聖地、箱根町がご当地ナンバープレート(オリジナルナンバープレート)を導入。交付がはじまりました。画像などはこちらから

エヴァンゲリオンの聖地、箱根町がご当地ナンバープレート(オリジナルナンバープレート)を導入し、エヴァンゲリオンバージョンと風景モチーフのHAKONWEバージョンの2種類の交付が3月25日に開始されました。

エヴァンゲリオン ナンバープレート、箱根で交付開始
Photo by town.hakone.kanagawa.jp

箱根(神奈川県足柄下郡箱根町)はエヴァンゲリオンの物語の舞台となっていることから、この夢のコラボが実現したとみられ 非常にレアなナンバープレートが完成。

ads

エヴァに対し、HAKONEバージョンは純和風デザイン

エヴァのナンバープレートは逆光で見るシルエット、というイメージのデザインで落ち着いた雰囲気。

また、同時に交付開始となったHAKONEバージョンは版画のようなタッチのデザイン。

箱根 ナンバープレート 画像

どちらも排気量によって色が異なり、50cc以下は白色/50ccから90cc以下は黄色/90ccから125cc以下は桃色/ミニカーは青色で、エヴァ=390枚・HAKONE=360枚の枚数限定交付。

広島では呉が松本零士さんとコラボするなど、各地でご当地ナンバープレートの交付が増えてきていますが、2種類つくっているところは珍しいのでは。観光PRのため、ほかの地域でも競うようにご当地ナンバープレートが次々と出てきそうですね!

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP