台風の東側(右)の風・雨がひどいワケとは

「台風の右側(進行方向に向かって東側)は強い風が吹き、被害が大きい。」とよく言われますが、これはなぜなのでしょうか。

「台風の右側(進行方向に向かって東側)は強い風が吹き、被害が大きい。」とよく言われます。実際に、広島地方気象台観測史上第一位の最大瞬間風速58.9m/sを記録したのは、台風が広島県の西側(日本海側)を通って北上した1991年の台風19号でした。

台風の東側(右)の風・雨がひどい訳とは

台風の東側に位置する地域のほうが雨・風がひどくなる理由について、気象庁によると

台風は巨大な空気の渦巻きになっており、地上付近では上から見て反時計回りに強い風が吹き込んでいます。進行方向に向かって右の半円では、台風自身の風と台風を移動させる周りの風が同じ方向に吹くため風が強くなります。 via. 台風に伴う風の特性/気象庁

と説明。たしかに台風の右側(東側)は風が強いことが分かります。さらに、台風の眼(気圧が最も低いところ)は比較的風が弱いものの、

そこから半径100km付近(※台風の大きさにもよるが)の地域では最も風が強く、左半円と右半円では10m/s前後の風速の差があることも紹介されています。

ads

台風は大雨をもたらすことも

「台風は積乱雲が集まったもの」という表現もあるように、台風が長時間にわたって大雨を降らせる事が多い。

暖かい湿った空気が台風に向かって南の海上から流れ込むため、日本上空に前線が停滞していると、その湿った空気が前線の活動を活発化させ、大雨となることもあるのだとか。

また、台風は「北上する」という性質を持ち 温かい海面からの水蒸気が関係して発達していく。そのため、日本付近で停滞していた前線の活動を活発化させ、さらに大雨を降らせる事も。

この他、地理的要因などで各地によって違いがありますが、暴風は荒波や建物・農作物に影響が出たり、豪雨は河川増水や土砂災害など2次災害の恐れも出てくるため、気象情報や警報などには注意して最新の情報に耳を傾けよう。

via. 台風について/気象庁

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP