お湯は厳禁!フロントガラス凍結対策のコツ

冬場は車のフロントガラス凍結に悩まされる季節。凍結対策はどういった方法が一番良いのでしょうか?

寒い季節となり、朝早くに車で出かけようとしたら 「フロントガラスが凍結して溶かすのに時間がかかって危うく遅刻しそうになった…」なんてエピソードが出てきそう。

お湯は厳禁!フロントガラス凍結対策のコツ

フロントガラスの凍結時には「お湯をかけてワイパーを動かす!」

というのはやりがちな対策法ですがロードサービスなどを行うJAFによれば、このやり方は「急激な温度変化でガラスが割れたり、低温下では解けた水がすぐに凍り付くこともある」そう。

また、無理にワイパーを動かすと、ゴムやモーターを傷めてしまう原因となるそうでどうやら一番やりがちな方法は間違いだらけ。

ではどうすればフロントガラスの凍結を防いだり、早く溶かすことができるか?をJAFが3つのミニバンを使い、実験しました。

ads

ちょっとめんどくさいけど一番効果的!フロントガラスにアレをかける

フロントガラスの凍結対策としては

・水分をはじく「撥水剤」をあらかじめ塗っておく
・凍結防止のフロントカバーをかける
・デフロスターを使用する(フロントガラスに温風)
・解氷剤を使用する

があり、それぞれ実験したところ以下の表のような結果に。

フロントガラス凍結対策 比較

「早く出発ができる」ことに関して言えば、
1.凍結防止のフロントカバーをかける
2.解氷剤を使用する
3.水分をはじく「撥水剤」をあらかじめ塗っておく
4.デフロスターを使用する(フロントガラスに温風)

という順番となりそう。比較的温暖な地域出身の筆者は「フロントカバー」というモノがある事自体初めて知りましたが寒冷地ではよく売れているようです。

また、「ワイパーを立てておく」というのもポイントのようです。最近のクルマは暖気しなくてもそのまま走りだせる事からもデフロスターで溶けるのを待つのはエコではない。

「凍結は毎日ではない」という地域の方は、いざという時のために解氷剤を持っておくといいかもしれません。

ads


あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP